国語言葉の意味

「モラトリアム」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「モラトリアム」について解説する。

端的に言えば「モラトリアム」の意味は「猶予期間」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んだ。一緒に「モラトリアム」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「モラトリアム」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「モラトリアム」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「モラトリアム」の意味は?

「モラトリアム」には、次のような意味があります。

1 支払猶予。法令により、金銭債務の支払いを一定期間猶予させること。戦争・天災・恐慌などの非常事態に際して信用制度の崩壊を防ぎ、経済的混乱を避ける目的で行われる。
2 製造・使用・実施などの一時停止。多く、核実験や原子力発電所設置などにいう。
3 肉体的には成人しているが、社会的義務や責任を課せられない猶予の期間。また、そこにとどまっている心理状態。→モラトリアム人間

出典:デジタル大辞泉(小学館)「モラトリアム」

これは「猶予・一時停止期間」といった意味を持つ言葉です。引用の通り、使われる場面によってニュアンスが変化します。

引用を上から、どのような問題で使われやすいのか考えてみると「1=金融に関する歴史・社会系」、「2=原子力やエネルギーに関する時事」、「3=心理学や文学など人文系」でしょうか。どれも頻出のため、しっかり押さえてくださいね。

現代では、若者に対して3の意味で使われるのをよく耳にすると思います。特に学生を「社会に出て働く前の存在・その期間」とするのですが、「責任・義務の先延ばし」という、あまり良い感じを受けない言葉になることも。「無気力」や「ゆとり」などを連想するからかもしれませんね。

他の単語を付けて「~モラトリアム」「モラトリアム~」といった使われ方もありますが、そうした場合も否定的な意味合いで使われていないか注意してみましょう。

「モラトリアム」の語源は?

これは英語の「moratry=支払い延期の」という言葉から使われるようになった言葉と考えられています。金融や政治社会用語として使われるのが納得できるでしょう。

若者に対して使う用法は、20世紀にアメリカの精神分析医エリクソンが提唱したことが始まりと言われています。その本来の意味も「若者が自己を確立するための期間」というニュアンスで用いられており、現在のような「先延ばし・責任回避」という意味はありませんでした

なぜ現代にかけて使われ方が徐々に変わってきたのか、想像したり調べてみたりするのも勉強になるでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: