国語言葉の意味

実は意味が沢山?「プレミアム」の意味・使い方・類義語を言葉大好きライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「プレミアム」について解説する。「プレミアム」は比較的一般的な言葉だ。「わざわざ意味を調べたことなんてない」という奴も多いだろうし、「それで実際困ったことも無い」という奴もまた多いだろう。しかし、実は「プレミアム」は豊富な意味を持つ言葉だ。元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んだ。一緒に「プレミアム」の意味や語源、言い換えなどを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

そもそも「プレミアム」の意味とは?

image by iStockphoto

「プレミアム」の意味を調べると、以下のような結果が出ます。

1 オプション取引において、権利の価格。オプション料。
2 額面株式が額面金額以上の価額で発行されたときの超過額。額面株式は平成13年(2001)の商法改正により廃止。
3 被買収企業の買収価格と純資産との差額。暖簾(のれん)代。
4 入場券などの、正規の料金の上に加えられる割増金。プレミア。「プレミアムがつく」
5 商品につける景品や懸賞の賞品。プレミア。「プレミアムセール」
6 (形容詞的に用いて)高級な。上等な。「プレミアムビール」
7 ⇒打歩(うちぶ)

出典:Weblio辞書 「プレミアム 意味」

意味の内容以前に、そもそも「これだけ意味の種類がある」という事実に驚いた人もいるのではないでしょうか。ただ実は、7つも意味があるものの内容の本質は極めて近いです。「プレミアム」とは基本的に、「+αの価値」のことを指しています。通常想定された価値と、実際の価値に差が生じる時に出てくる言葉なのです。

一般的に用いられる「プレミアム」の意味はどれ?

一般的に「プレミアム」というと、上記トピックにおいての「5 商品につける景品や懸賞の賞品」「6(形容詞的に用いて)高級な。上等な。」を想定して用いる人が多いでしょう。実際に「プレミアム」を検索すると、サジェストでは「プレミアム〇〇」という固有名詞が多数出てきます。これは後ろの「〇〇」に対して「より上等である」という意味を込めて名付けられているわけです。

「プレミアムがつく」という言い方について

「4 入場券などの、正規の料金の上に加えられる割増金。」とはいわゆる貴重なものに対して「プレミアムがつく」と言い回しをします。この「つく」という言葉が肝心で、これはつまり生産者ではなく消費者が「プレミアムである」とみなしているということです。「プレミアム○○」という名前の商品は生産者が「こちらの方がよりプレミアムです」と消費者に提示しているのに対し、こちらは逆の現象が起こっています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

この言い方はどちらかというと「プレミア」の方がしっくりくるかもしれないな。「プレミアム」と「プレミア」の違いについては後述するから、ここではそこまで説明しないこととしておくぞ。

\次のページで「「プレミアム」の一般的な使い方とは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: