国語言葉の意味

「エキセントリック」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「エキセントリック」について解説する。

端的に言えばエキセントリックの意味は「言動や行動が個性的で普通でないこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験した1804を呼んだ。一緒に「エキセントリック」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/1804

もともと言葉の意味や由来を調べるのが好き。最近知ったお気に入りの言葉は「あなたは私のオレンジの片割れ」。先日受けた検査で言語性IQ141が出た。

「エキセントリック」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「エキセントリック」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「エキセントリック」の意味は?

「エキセントリックには、次のような意味があります。

[形動]性格などが風変わりなさま。奇矯(ききょう)なさま。「エキセントリックな行動」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「エキセントリック」

通常では思いつかないような、変わったものであるさまを指します。変わり者・はみ出し者・常軌を逸した存在という事で、あまりプラスの意味には取られません。

もとは英語のeccentricのカタカナ読みからなっている言葉です。eccentricの語源は、接頭辞ec(外)+語幹cen(中心)+形容詞接尾辞icで構成され、「中心から離れた」→「風変わりな」→「ユニークな/独創的な」というニュアンスがこの単語の根幹になっているのですね。

「エキセントリックな人だね」という使われ方は、「独特の感性だね(共感はできない)」「珍しい味付けだね(美味しくない)」といった表現にも通じるような、直接的ではないにせよ暗に否定するニュアンスが基本になっていると言えるでしょう。

「エキセントリック」の使い方・例文

「エキセントリック」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3
Share: