国語言葉の意味

「トレース」の意味や使い方は?例文や類語を文学部卒の30代主婦ライターがわかりやすく解説!

この記事では「トレース」について解説する。

端的に言えばトレースの意味は「なぞる、追跡する、さかのぼって調べる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は大学時代は文学部で日本文化を専攻し、多くの日本語やその意味を知る読書好き主婦ライターのhs.seを呼んです。一緒に「トレース」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/hs.se

大学の学部は文学部で日本文化を専攻し、古文書や文献を読みながら日本の歴史や文化を学んだ30代主婦ライター。専業主婦となってから図書館司書の資格を取得。趣味は読書。多くの日本語に触れ、学んだ知識や経験を活かし、「トレース」についてわかりやすく丁寧に解説していく。

「トレース」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「トレース」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「トレース」の意味は?

「トレース」には、次のような意味があります。

(跡をたどる意)

1.(登山用語)踏み跡。また、踏み跡をたどること
2.原図の上に薄紙をあてて敷き写しをすること
3.コンピュータで、プログラムの実行工程を追跡・調査すること

出典:デジタル広辞苑

「トレース」は、1. 「元々ある方法や手法をなぞる」。2. 「追跡する」。3. 「さかのぼって調べる」の3つの意味。場所や時間のある点からある点までをつなぐ、たどるイメージの言葉として使われていることがわかります。

トレース」は日常会話ではあまり使われることはありませんが、IT、数学、建築、登山など様々な分野でも使われている言葉です。例えば、IT用語でトレースとは「コンピュータのプログラムが実行されていく過程を順をたどって追跡し、確認すること」という意味で使われます。使い方によってな意味が異なりますので、この機会に正しい意味や使い方を覚えましょう。

「トレース」の語源は?

次に「トレース」の語源を確認しておきましょう。

「トレース」は英語の「trace」が語源になります。「trace」の意味は、先に説明したものに加えて、名詞として「(人や動物が通った)跡」、「(事件などの)痕跡・形跡」、「ほんのわずか、少量」といった意味を持つ言葉です。

ちなみに「trace」の語源は、ラテン語の「traho」で「線を引くこと、引かれた線をたどること」という意味になります。

\次のページで「「トレース」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: