国語言葉の意味

「つつがなく」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「つつがなく」について解説する。

端的に言えばつつがなくの意味は「無事であること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んだ。一緒に「つつがなく」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「つつがなく」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説していく。

「つつがなく」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「つつがなく」という言葉、聞いた事あるでしょうか?若い人はまず知らない言葉じゃないかと思います。普段の生活でもほぼ耳にすることはないかと思いますが、そんな「つつがなく」という言葉は、どういった意味でどんな時に使うのでしょうか。

それでは早速「つつがなく」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「つつがなく」の意味は?

「つつがなく」には、次のような意味があります。

1.恙ないこと
2.無事であること
3.特に問題などがないこと

出典:デジタル大辞泉(小学館)「つつがなく」

「つつがなく」とは、「何の問題もなく、無事であること」の意。漢字では「恙なく」と書きます。形容詞の「恙なし」の連用語で、「恙」がポイントとなる言葉のようですね。

「つつがなく」の語源は?

次に「つつがなく」の語源を確認しておきましょう。

「つつがなく」は、「恙」が無いことが語源とされています。「恙」とは、病気や災いを意味することから「病気や災いが無い」=「無事である」という事になりますよ。「つつが」の動詞である「つつむ」にも「病気になる」という意味が含まれています。

また「ツツガムシ」というダニの一種がいるのですが、古代の日本では、原因不明の病などが流行した時に「ツツガムシに噛まれた」と言っていたという一説がありますよ。これは後に、その病がダニ媒介感染症だという事が解明されているのですが、感染源であるダニに「ツツガムシ」と名付けたというエピソードも残っていますよ。

\次のページで「「つつがなく」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: