国語言葉の意味

「抽象的」の意味や使い方は?例文や類語を現役学生ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「抽象的」について解説する。

端的に言えば「抽象的」の意味は「物事を広い視点で大まかに見る事」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役学生ライターのタビビトを呼んだ。一緒に「抽象的」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タビビト

現役の文学部学生ライター。学生生活の中で数多くの芸術関係の執筆を行い、小学生の頃から多種多様な女性を読破してきた生粋の文化系。読書量に比例する文章力で、日本語をわかりやすく説明していく。

「抽象的」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「抽象的」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「抽象的」の意味は?

「抽象的」には、次のような意味があります。

1.いくつかの事物に共通な物を抜き出して、それを一般化して考えるさま。

2.頭の中だけで考えていて、具体性に欠けるさま。


出典:デジタル大辞泉(小学館)「抽象的」

「抽象的」とは日常的によく用いられる聞きなれた言葉ですが、その意味の通り定義が曖昧ですよね。この機会に「抽象的」の意味を深く掘り下げていきましょう。

まず「抽象的」には、二つの意味があります。一つ目は「物事の共通点を抜き出して、一般化する」です。物事を一つ一つ、個性を捉えて分解して考えるのではなく、その中から共通点を見つけて大きくまとめて考えるという事ですね。お米とお味噌汁、漬物などを「和食」、パスタやパン、スープなどを「洋食」とまとめて表す時、この「和食」や「洋食」が抽象的な表現です。さらにこの「和食」と「洋食」にも「食べ物」という共通点があり、このように物事を俯瞰して広く見ていく事を「抽象度を上げる」と言います。

二つ目は、「具体性に欠けること」です。これは日常会話でもビジネスシーンでもよく問題視される事ですが、何かを聞いたときに答えがはっきりせず曖昧な回答してしまう事を指します。「今日は何が食べたい?」と聞いたときに「お寿司」などと具体的に答えるのではなく、「何かさっぱりしたもの」や「美味しいもの」と答えることなどですね。

これらの二つの意味から、「抽象的」というのは物事をいい意味でも悪い意味でも広く俯瞰的に見ることだと分かるのではないでしょうか。

「抽象的」の語源は?

次に「抽象的」の語源を確認しておきましょう。「抽象的」の語源は、一つ一つの漢字を紐解くと理解する事ができます。

まず「抽」は「抽出」という言葉でも用いられるように、「引き出す」「抜き出す」という意味をもつ漢字です。5本の指の手を表現する象形文字である「扌(てへん)」と、底の深い酒壺を表現する「由」という象形文字で成り立っていることからも、深い底の中から手で引き抜くというニュアンスが伝わりますね。

次に「象」は、「対象」や「印象」という言葉でも用いられるように、姿形を表す漢字です。したがってこの二つを組み合わせた「抽象」は、「物事から共通点を引き出して、一般的な形にする」ということになりますね。残りの「的」は接尾辞の一つで物事の性質を表す漢字です。

次のページを読む
1 2 3
Share: