国語言葉の意味

「検討」の意味は?ビジネス・普段での使い方や言い換え・英訳を現役オペレーターの筆者がわかりやすく解説

考慮:行動する前に様々な要素を考えあわせること

「考慮」とは、物事が行われる前に様々な条件や要素を含めしっかりと考えることです。その事柄の良し悪しを判断するという意味合いは弱く、考えることに焦点がおかれています。

「検討」の対義語

image by iStockphoto

つづいて「検討」の対義語についてどのようなものがあるかみていきます。ここでは下記の3つをとりあげました。

即断:すばやく決断をするさま
無闇:行動を起こす前に、正しいかどうかを考えずに進めること
行き当たりばったり:計画を立てずにその場その場で行動する様子

即断・無闇・行き当たりばったり

「検討」が「これから起こりうることを深く考えその物事について判断する」意味であることに対し、「先のことをじっくり考えずに行動する」というこれらの言葉が対義語として考えられます。

「検討」の英訳

ここまでは日本語の意味で主な使い方を解説してきましたが、次は「検討」の英訳についてをみていきましょう。

consider, think about

「検討」の英訳としては、一般的に「よく考える」「熟考する」という意味の「consider」「think about」があげられます。

He paused to consider the situation.
彼は立ち止まってよく考えてみた。

I will have to think about it.
それについてよく考える必要がある。

さらにこの二つを比較すると
「think about」は自然に思い浮かぶ、心に浮かぶ、思い考えつくこと
「consider」は「think about carefully」(注意深く考える)物事を行う前にじっくり考え判断する
このような違いがあります。そのため、より深く考えるという意味を表す「consider」の方が「検討」のイメージに近いといえるでしょう。

\次のページで「on the table「検討中」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: