現代社会

阪神淡路大震災はなぜ起きた?予測非常時の代替通路の重要性についても関西の鉄道オタクがわかりやすく解説

近年マイカーの普及と自動車道の整備がますます進む中で、利用者の少ない鉄道路線はとかく「廃線」の検討がなされやすい。とりわけ廃線が多いJR北海道では、東海道新幹線開業の1964年には約5000kmもあった路線長が半世紀後にはおよそ半分になっている。全国で見ても2000年以降の約20年間だけでもおよそ1000kmの路線が廃止されている状況です。鉄道を維持するのはコストが高く、利用が少ない路線は廃止を検討するのも1つの戦略ですが、一方普段は使わない路線が非常時に役立つことがある。この記事では関西の鉄道オタクR175と阪神淡路大震災の事例を見ながら、代替ルートの意義について解説していこう。

ライター/R175

関西在住の鉄道オタクで教員免許持ち。自身の実家も阪神・淡路大震災で被災した。鉄道網への知識を生かして非常時の代替交通の意義について解説する。

1.兵庫県南部地震と阪神淡路大震災

image by iStockphoto

1995年1月17日、日本で初めて発生した都市直下型の地震が「兵庫県南部地震」でそれによる一連の災害のことを阪神大震災あるいは阪神淡路大震災と呼びます。直下型との文字通り、都市部(神戸市周辺)のほぼ真下を震源としました。淡路島から神戸の辺りにかけて存在する野島断層のズレが原因と考えられます。この辺りの地盤の南東側(右下側)には南西方向に向かって横ズレしながら隆起するような力がかかっており、これにより突然地盤のズレが生じたのが揺れの原因です。

2.阪神淡路大震災は予測できなかったのか

地震発生当時は「関西では地震が起きないであろうと多くの人が考えている時代でした。震災直後の惨状を伝える写真で、転倒・倒壊した構造物や落下物が多く見られることからも巨大地震の予測し本格的に対策していたケースは少なかったと考えられますが、後の研究ではいくつか前兆現象が起きていたことが分かっています。ただし、以下に記述するすべてが本震に関係していたかどうかは定かではありません。

主な原因

京都大学の研究によると、地震の起きる5年ほど前の1989年終わり頃から、近畿地方の地殻の歪みが急激な圧縮から伸びに転じていたことがのちの研究で明らかになっていて、これが地震の原因になったとされています。

3.静穏化とは

阪神淡路大震災で大きな被害を出した理由の一つとして関西では地震は起こらないだろう、という油断がありました。このような油断を招いた理由の一つに鎮静化があります。

 

近隣では地震が起きており、本来なら地震が起きやすい場所なのに、その地点でしばらく地震が起きていない状態を静穏化といいます。兵庫県南部地震が発生する約2年半ほど前の1992年後半から震源に近い北摂・丹波山地全体で静穏化が起きていたことが後のデータ解析から判明しました。静穏化が起きるのは以下のようなケースが考えられます。

その1.断層面やプレート境界面に流動的な物質がある

断層やプレートのズレによって地震が起きますが、その境界面に流動的な物質があれば、仮にそこでズレが起きてもエネルギーを地上に伝えにくくするため揺れは感じられないというケース。断層やプレートに溜まったエネルギーは適時解放されますが、揺れは起こしにくいということ。

\次のページで「その2.応力が安定している」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: