国語言葉の意味

「幸甚」の意味や使い方は?例文や類語を現役学生ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「幸甚」について解説する。

端的に言えば幸甚の意味は「嬉しい」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役学生ライターのタビビトを呼んだ。一緒に「幸甚」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/タビビト

現役の文学部学生ライター。学生生活の中で数多くの芸術関係の執筆を行い、小学生の頃から多種多様な書籍を読破してきた生粋の文化系。読書量に比例する文章力で、日本語をわかりやすく説明していく。

ID: ↑パーツ内本文:93文字

「幸甚」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「幸甚」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:30文字

「幸甚」の意味は?

「幸甚」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:20文字

(多く手紙文で用いて)この上もない幸せ。大変ありがたい事。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「幸甚」

ID: ↑パーツ内本文:58文字

「幸甚(こうじん)」は日常会話などの話し言葉というよりは、畏まった文面上で用いられる事が多い言葉です。社会人生活が始まると、ビジネスメールやビジネス文書などで見かける機会が多くなるのではないでしょうか。

「幸甚」は「この上ない幸せ」という意味で、幸せを感じる瞬間の中でも特に幸せな感情が強くなった時に用います。ビジネスシーンにおいては顧客や取引先とのやり取りの中で相手の心遣いや配慮に対して感謝を伝えたい時に用いる事が多いですが、言葉の重みの価値を下げない為にも本当に頭が上がらない時や重要な場面だけで用いて、頻出度は下げるようにしましょう。

このように「幸甚」はビジネスシーンや公の場において、目上の人に対して相手を立てる時に用いる言葉だという事が分かりますね。

ID: ↑パーツ内本文:334文字

「幸甚」の語源は?

次に「幸甚」の語源を確認しておきましょう。「幸甚」は、「幸」と「甚」という二つの漢字から成り立っていますね。この二つの漢字の意味をそれぞれ見ていきましょう。

まず「幸」は、言うまでもなく「幸せ」です。感謝や感動など、心を動かされた時に人は「幸せ」を感じますよね。この漢字だけでも十分にその気持ちは伝わりますが、「幸せ」は日常の細やかな出来事にも用います。美味しいものを食べた時や大切な人と楽しいひと時を過ごした時、口癖のように「幸せ」と言ってしまうことはないでしょうか。このように日常会話の中で小さな幸せに感謝する時にも用いるのが「幸せ」ですが、「幸甚」はこれに「甚だしい(はなはだしい)」という漢字もつくことによって、用いる場面や意味合いの重度が大きく変わってきます。

「甚だしい」とは、普通の度合いを遥かに超えている事を表現する言葉。つまり、感情の程度を表しているという事ですね。「幸甚」は普通の「幸せ」に「甚だしい」を組み合わせることによって、「通常の程度を過度に超えた幸せ」という意味を表すことになります。したがって「幸甚」は、ビジネスシーンや公の場の文面上で特に感謝を強調したい時にのみ用いる言葉だという事が分かりますね。

ID: ↑パーツ内本文:518文字
次のページを読む
1 2 3
Share: