国語言葉の意味

「抱負」の意味や使い方は?例文や類語を現役学生ライターがわかりやすく解説!

この記事では「抱負」について解説する。

端的に言えば「抱負」の意味は「心に秘めている目標」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役学生ライターのタビビトを呼んです。一緒に「抱負」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タビビト

現役の文学部学生ライター。学生生活の中で数多くの芸術関係の執筆を行い、小学生の頃から多種多様な書籍を読破してきた生粋の文化系。読書量に比例する文章力で日本語をわかりやすく説明していく。

「抱負」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「抱負」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「抱負」の意味は?

「抱負」には、次のような意味があります。

心に抱いている決意や志望。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「抱負」

年始めや誕生日などの人生における節目となる日には、誰しも「抱負は?」と聞かれた事や自分で考えてみたことがあるのではないでしょうか。

「抱負」とは、「心にいだいている決意や志望」つまり自分の理想とする未来を想像したり決意することを表現する言葉です。将来設計やビジョンとも言えますが、計画を立てて着実に実現できる物事を指すこれらとは違い、「抱負」はもう少し大胆で現実味のない事にも用いる事が出来ます。

限られた人生の中で、新しい一年の始まりや歳を重ねるタイミングというのは改めて自分の人生を見つめ返すチャンスともいう事が出来るのではないでしょうか。一日一日を大切に生きることは最も大事なことですが、区切りのタイミングで明るい未来を想像したり新たな決意をする事で、より人生に勢いを増す事が出来ますよね。

「抱負」の語源は?

次に「抱負」の一つ一つの漢字を紐解く事で、語源を理解していきましょう。「抱負」は目標や決意などの明るい未来を連想するポジティブな表現ですが、なぜ「負け」を「抱く」のかという事を疑問に思ったことはありませんか?この漢字を用いていることには、実はちゃんとした理由があります。

「抱負」の漢字を一つ一つ見ていくと、「抱」と「負」という二つの漢字から成り立っている事がわかりますね。「抱」はそのまま「抱く」という意味で心に抱いているもの、つまり心の奥底にあるものを表現しています。もう一つの「負」は、前述の通り一番最初に連想するのは「負ける」ですが、ここでは「負う」という意味で用いているという事が重要です。物を「背負う」や責任を「負う」などと用いるこの「負う」には、自分で引き受ける事、背負うことという意味があります。

つまり「抱」と「負」という二つの漢字を組み合わせると、「心に抱いている物を自分で背負う」という意味になる事が分かるのではないでしょうか。心に抱いた決意や目標を、責任を持って自分で背負って生きていくという意味ですね。「抱負」は大きな夢や理想などの現在の時点では現実味のない事にも用いる事が出来ますが、それが叶わずとも言葉には責任を持つ事が大切だという事です。

\次のページで「「抱負」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: