国語言葉の意味

「ハニートラップ」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章に携わってきたライターが解説!

その2「甘い罠」

「甘い罠」とは通常、「ハニートラップ」の日本語訳とされるもので、「魅力的なものを餌にされることで、わかっていながらも引っかからざるを得ない罠」のことです。英語では「sweet trap」ともいいます。意味も「ハニートラップ」と同じです。

ID: ↑パーツ内本文:118文字

その3「誘惑」

「誘惑」とは「心を迷わせて、誘い込むこと。よくないことにおびきだすこと」の意味です。「誘惑に負ける」とか「悪い仲間に誘惑される」といった使い方をします。英語では「temptation」です。この言葉も、犯罪であることや、仕掛ける方が女性であることを問いません。

ID: ↑パーツ内本文:130文字

その4「セクシャル・エントラップメント」

「セクシャル・エントラップメント」とは「性的なおとり」という意味です。女性スパイが男性に仕掛ける場合が通例となっています。例文としては「彼の注意を引くためにセクシャル・エントラップメントを仕掛けよう」といった具合です。英語は「sexual entrapment」。この言葉はもっぱら諜報活動に使われ、日常生活ではあまり使われることはありません。冷戦時代のソビエト連邦で頻繁に行われたといわれています。

ID: ↑パーツ内本文:200文字

「ハニートラップ」の対義語は?

「ハニートラップ」の対義語は何でしょうか。

ID: ↑パーツ内本文:21文字

「逆ハニートラップ」

男性が女性に仕掛ける場合であるのでよく「逆ハニートラップ」と言ったりします。しかし、「ハニートラップ」の定義では女性から男性に仕掛ける場合だけではなく、男性から女性に仕掛ける場合もあるのです。そこで、厳密には「逆ハニートラップは」対義語ではないといえますね。「逆美人局」の場合は理屈の上ではありうることになりますが、こちらは逆にあまり聞いたことはないです。

ID: ↑パーツ内本文:178文字

「ハニートラップ」の英訳は?

image by iStockphoto

「ハニートラップ」の英訳を見てみましょう。

ID: ↑パーツ内本文:21文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: