国語言葉の意味

「ハニートラップ」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章に携わってきたライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ハニートラップ」について解説する。

端的に言えばハニートラップの意味は「甘い罠」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回このページでは大手企業で文章に携わってきた経験が35年以上のベテランKAIKAIを紹介する。一緒に「ハニートラップ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、実際にいろんな社内文書等に携わってきた経験がある。学生時代から国語は得意で言葉には詳しい自信あり。

「ハニートラップ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「ハニートラップ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ハニートラップ」の意味は?

テレビドラマやワイドショーなどで、「あの大統領はハニートラップに引っかかって失脚した」などと耳にすることがあります。「ハニートラップ」をモチーフにしたゲームもありますね。政治の世界のみならず、日常生活でも、「キャバクラでハニートラップに引っかかって貢がされた」と言ったりします。なんとなく「妖艶な女性からだまされて下手を打った」というようなイメージがありますね。では、「ハニートラップ」とは正しくはどんなことをいうのでしょうか。

《甘い罠の意》機密情報などを得る目的で、スパイが色仕掛けで対象(外交官や政治家・軍事関係者など)を誘惑したり、弱みを握って脅迫したりする、諜報活動のこと。主に、女性の諜報員が男性に仕掛けるものをいう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ハニートラップ」

「ハニートラップ」とは、「色仕掛けで異性をだまし、落とし入れること」です。金銭をだまし取るといった犯罪を犯していなくても、罠を仕掛ける方が女性ではなくても「ハニートラップ」といいます。

過去をさかのぼると、機密情報を入手するために、女性のスパイが男性に仕掛けるものという意味で使われていました。今日ではスパイ活動だけではなく広く一般社会で「色仕掛けを使って異性を落とし入れること」の意味で多くの場面で使われています。

「ハニートラップ」の語源は?

次に「ハニートラップ」の語源を確認しておきましょう。

「ハニートラップ」の語源はイギリスの小説家「ジョン・ル・カレ」の造語で、「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」という作品で登場し、その後一般に広まりました。「ハニー」は「はちみつ」、「トラップ」は「罠(わな)」であわせて「甘い蜜」というわけです。これが転じて女性が男性を落としいれることを意味するようになりました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: