国語言葉の意味

「贔屓」の意味や使い方は?例文や類語を文学院生が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「贔屓」について解説する。

端的に言えば贔屓の意味は「自分の気に入ったものに力を入れること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、日本文学を専攻し研究している翠を呼んだ。一緒に「贔屓」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/翠

中古の日本文学を研究している。様々な時代やジャンルの作品を読み、ことばに触れている。中学校と高校の国語科の教員免許も取得しており、ことばについて分かりやすく説明する。

「贔屓」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 54961520

それでは早速「贔屓」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「贔屓」の意味は?

「贔屓」には、次のような意味があります。

1.大いに力を入れること。大いに力を用いること。

2.自分の気に入った者を引き立て、特に力添えすること。後援すること。ある商店などを好意をもって特に利用すること。また、その人。「毎度ごひいきに」

3.ある人の代わりをすること。

出典:日本国語大辞典 第二版(小学館)「ひい-き」

「贔屓」は現在では二つ目の意味である「自分の気に入った者を引き立て、力添えすること」として使われることが多いです。

「エコヒイキ」という言葉も、この「贔屓」と関係があります。「エコ」は「依͡怙」と書く言葉で、意味は「一方に偏る。私欲。」です。そのため「エコヒイキ」は、「自分の気に入りの者や関係のある者だけの肩をもつこと」という意味になります。

現代では二つ目の意味で主に使われる「贔屓」ですが、一つ目や三つ目の意味も頭に入れておきたいですね。

「贔屓」の語源は?

次に「贔屓」の語源を確認しておきましょう。

「贔屓」はもともと中国の伝説上の生き物でした。龍から生まれたという出自を持ち、姿は亀に似ています。読み方は「ひいき」ではなく「ひき(Bixi)」でした。贔屓は、重いものを持つのが好きで、中国古来の石碑の土台の装飾に使われることが多いです。「ひき」は中国語において重いものを持つ際に力む様子を示した擬音語としての意味もあります。

「贔屓」は、かつては主に「贔屭」と書きました。「贔」は財産である貝が多いさまを、「屭」は多くの財産を抱えるさまを表しています。これが、「多くの荷物を抱える」という意味になり、転じて「盛んに力をふるう」という意味になりました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: