国語言葉の意味

「遅ればせながら」の意味や使い方は?例文や類語を文学院生が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「遅ればせながら」について解説する。

端的に言えば遅ればせながらの意味は「時機に遅れましたが」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回、日本文学を専攻し研究している翠を呼んだ。一緒に「遅ればせながら」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/翠

中古の日本文学を研究している。様々な時代やジャンルの作品を読み、ことばに触れている。中学校と高校の国語科の教員免許も取得しており、ことばについて分かりやすく説明する。

「遅ればせながら」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 63274211

それでは早速「遅ればせながら」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「遅ればせながら」の意味は?

「遅ればせながら」とは、「遅れる」と「馳せる」、そして逆接の意味を持つ「ながら」がつながった、連語としての言葉です。そのため、まず辞書では「遅ればせ」について確認します。

1.他の人よりおくれてその場所にかけつけること。また、そのさま。おくれがけ。おくれあし。

2.好機を逸した後で、何かをすること。時機を失うこと。また、そのさま。手おくれ。

出典:日本国語大辞典 第二版(小学館)「おくれ-ばせ」

「遅ればせる」という言葉は「遅れて」「馳せる」という言葉が合体したものです。「はせる」には「かけつける」の意味があります。そのため、「遅ればせ」は「遅れてかけつける」という意味が第一義です。また、そこから派生して「手遅れ」という意味もあります。

「遅ればせ」が「遅れてかけつける」という意味ですから、逆接の「ながら」がつくことで「遅ればせながら」は「遅れてかけつけましたが」「時機が遅れましたが」という意味と捉えることが可能です。適切なタイミングを逃したとき、軽く謝罪の気持ちをこめて前置きとして使います。

「遅ればせながら」の語源は?

次に「遅ればせながら」の語源を確認しておきましょう。

先ほども紹介しましたが、「馳せる」という言葉の意味は「かけつける」です。「馳」という漢字は、「馬」にうねる時の音である「也」がつくことで「馬をうねらせる」つまり「馬を走らせる」という意味になります。日本文学の中でも『日本書紀』から「馳す」は使われていますが、いずれも戦いの際に馬で以って走る場面で使われているのです。

「遅れ馳せ」は『平家物語』や『義経記』の中で使用が確認されます。しかし「遅れ馳せながら」という言葉が使われ始めたのは比較的最近です。現代は馬を交通手段とすることはほぼないのですが、言葉はビジネスシーンなどで使われることにより残っています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: