国語言葉の意味

「いささか」の意味や使い方は?例文や類語を日本語教師の大学院生がわかりやすく解説!

この記事では「いささか」について解説する。

端的に言えばいささかの意味は「ほんの少し」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、ロシアで2年間日本語教師として働いた大学院生の「むかいひろき」を呼んです。一緒に「いささか」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間日本語教師として働いた経験を持つ大学院生。その経験を活かし、「言葉」について分かりやすく解説していく。

「いささか」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 58015521

それでは早速「いささか」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「いささか」の意味は?

「いささか」には、次のような意味があります。

[形動][文][ナリ]
1.数量・程度の少ないさま。ほんの少し。わずか。「―な蓄えはある」「―なりともお役に立ちたい」
2.かりそめであるさま。ついちょっと。
「―に思ひて来しを多祜(たこ)の浦に咲ける藤見て一夜経ぬべし」〈万・四二〇一〉
3.(多く「いささかに」の形で、打消しに呼応して用いる)少しも。
「―に知りたる人もなければ」〈今昔・二七・一五〉

[副]
1.少し。わずかばかり。「この問題は―難しい」「―所見を述べる」「気勢に押されて―たじろいだ」
2.(あとに打消しの語を伴って)少しも。ちっとも。→いささかも
「―さりげもなく」〈枕・二五〉

出典:デジタル大辞泉(小学館)「いささ‐か【×聊か/×些か】」

「いささか」は、「ほんの少し」「わずかに」という意味を持った言葉です。後ろに「~ない」などの打消し・否定の意味を持った言葉がある場合は、「少しも~ない」「全く~ない」という意味の言葉になります。

「いささか」には、「いささか」や「いささか」の形で使う形容動詞の用法と、「いささか○○」のように「いささか」をそのまま使う副詞の用法があり、現代語では副詞の用法で使用されることが多いです。

「いささか」の語源は?

次に「いささか」の語源を確認しておきましょう。「いささか」の正確な語源は不明ですが、8世紀後半、奈良時代の万葉集に既に登場しており、一部の例外を除き、古語でも現代語でもほぼ同じ意味で使われている言葉です。古語辞典にも「いささか」が掲載されていますね。

万葉集にある久米広縄の「伊佐左可爾(イササカニ)思ひて来しを多祜の浦に咲ける藤見て一夜経ぬべし」という歌には、「いささか」が「ほんの少し」という意味で使用されています。

\次のページで「「いささか」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: