国語言葉の意味

「恐縮」の意味や使い方は?例文や類語を文学院生が解説!

その1「It’s so kind of you.」

「It’s so kind of you.」は、相手からよくしてもらった際の返答における「恐縮」の英訳です。「It’s so kind of you to say that.(そう言っていただけると恐縮でございます。)」のように使うことが可能です。

ID: ↑パーツ内本文:136文字

その2「I am afraid…」

「I am afraid…」は、謝罪の意味を含める「恐縮」の英訳です。「I’m afraid I can’t.(恐縮ですが、できかねます。)」という形で使うことが可能です。

ID: ↑パーツ内本文:105文字

その3「Would you mind if ~ ?」

「Would you mind if ~ ?」は、依頼の際の「恐縮」に対応します。この表現は「~してもいいですか。」という意味を持ち、それを丁寧にしたものです。「Would you mind if I use this pen?(恐縮ですが、このペンを使ってもよろしいでしょうか?)」という形で使います。

ID: ↑パーツ内本文:152文字

その4「Thank you.」

「Thank you.」は、ほとんどの方がご存知の表現かと思います。これは、感謝の意味を込めた「恐縮」に対応することが可能です。

ID: ↑パーツ内本文:64文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「恐縮」は一言で様々な意味があるな。類義語や対義語、英訳もそれぞれの意味に合った言葉をおさえると良いだろう。

「恐縮」という言葉は、ビジネスシーンのかしこまった場面で使うことが多い。使い方をきちんと理解しようぜ。

ID: ↑パーツ内本文:107文字

「恐縮」を使いこなそう

この記事では「恐縮」の意味・使い方・類語などを説明しました。「恐縮」は相手に申し訳なく思う気持ちを基に様々な場面で使うことができます。この表現は、かしこまったものであるため、使う際には敬語と用いるようにしましょう。また、多用せず、適切に会話に織り交ぜましょう。

ID: ↑パーツ内本文:130文字
1 2 3 4
Share: