国語言葉の意味

「恐縮」の意味や使い方は?例文や類語を文学院生が解説!

「恐縮」の使い方・例文

「恐縮」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:47文字

1.お褒めにあずかり、恐縮です。

2.大変恐縮ですが、今回の件は見送らせていただきます。

3.誠に恐縮はございますが、この会場での飲酒・喫煙はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

4.この度は、ご足労いただきまして、大変恐縮でございます。

ID: ↑パーツ内本文:125文字

「恐縮」という言葉は、褒められた際の返答・謝罪・お願い・感謝の意を示すときによく使います。

褒められた際に「ありがとうございます」と答えるよりもさらにかしこまった時には「恐縮」という言葉を使うと良いでしょう。依頼を丁寧に断るときも、ワンクッション置くニュアンスで「恐縮」を使うことができます。丁寧にお願いや感謝を伝えるときも「恐縮」を使うと良いでしょう。

また、「恐縮」はかしこまった意味を持つため、「恐縮です」「恐縮でございます」といった丁寧語と併せて使うことをおすすめします。「恐縮」は「恐れ多いと思う」という意味を持つため、「恐縮に「存じます」」と「思う」の意味を持つ言葉と併用すると二重表現になり、失礼になりかねません。

ID: ↑パーツ内本文:316文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「恐縮」の意味をおさえることはできただろうか。「恐縮」はビジネスでもよく使う言葉だから、意味と同時に使い方も理解しておきたいところだ。

次は「恐縮」の類義語や対義語などを説明していく。それらも一緒に理解していこう。

ID: ↑パーツ内本文:108文字

「恐縮」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 69132512

ここでは、「恐縮」の類義語について見ていきましょう。それぞれの類義語と「恐縮」との違いについても紹介していきます。

ID: ↑パーツ内本文:57文字

その1「恐れ入ります」

「恐縮」は、「恐れ入ります」と言い換えることが可能です。「恐縮」と同様、謝罪や感謝、依頼などを丁寧にする意味があります。

「恐れ入ります」は、「恐縮」と比べて、やや柔らかい印象を与えることが可能です。

ID: ↑パーツ内本文:101文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: