国語言葉の意味

「顕著」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校長が解説!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

顕著に関しては特に場面を限定することなく使うことのできる勝手のいい言葉と言えそうだな。ややかしこまった、例えばビジネスシーンで用いられることが多い印象だが、次の類義語と合わせて日常生活の中でも用いるチャンスがありそうだぞ。

「顕著」の類義語は?違いは?

顕著に代わる言葉は多くありそうです。早速見ていきましょう。

2024年開催のパリオリンピック出場という明確な目標がある。

はっきりと確かな、という意味で用いられる言葉です。顕著と異なり、人の意志が感じられる表現のように思えます。「確固たる目標」という表現もよく目にするかもしれませんね。対照的に「顕著な目標」とすると少し違和感を感じますので使い分けに注意しましょう。

監督の表情が選手たちへの失望を如実に物語っている。

如実はもとは仏教用語で「真実の如く」、すなわち事実ありのままという意味となります。ありのままではあるものの直接言葉に出すのではなく、それに代わる別の表現から感じ取れる、といったように情景描写の一つとして用いられることが多いのではないでしょうか。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
chihofuture1129