国語言葉の意味

「相違」ってどんな意味?どんな時に使うの?意味・使い方・類義語を言葉大好きライターがわかりやすく解説!

上記の例文は、どちらでも特に間違っているというわけではありません。「正反対」ということは「違う」ということであり、「相違」という言葉にも置き換えられます。しかし、だからといって「相違=逆・正反対」という意味だと捉えるのは間違いです。あくまで「違い」という意味であり、必ずしも「逆・反対」と置き換えられるわけではないと覚えておきましょう。

「相違」とは差があることではない

「相違」の示す「違い」に対して、しばしば「差があること」を意味すると思われている場合がありますが、これも誤解です。以下の例文を見てください。

1.AはBに比べて劣っている。
2.AとBには「相違」がある。

上記の1と2は、一読すると同じ意味に思えるかもしれませんが、違います。「相違」はあくまで「違い」という意味であり、どちらかが優れているという意味は持っていません。そのため、1の例文ではAとBを比べるとBが優れているという意味になりますが、2の例文ではAとBの間に優劣は無いということになります。

「相違」の類義語には何がある?

image by iStockphoto

「相違」の類義語にはいくつかあり、傾向にも種類があります。基本的には「違い」と置き換えれば問題ありませんが、幅広い活用法を頭に入れておくことで、よりスムーズに読み書き出来るでしょう。ただし微妙に意味が異なる言葉もあるため、それぞれの意味を抑えた上で、置き換えても問題ない場合に置き換えてください。

\次のページで「「差異/異なる/相異なる」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: