国語言葉の意味

「相違」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「相違」について解説する。

端的に言えば相違の意味は「違いがあること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに、「相違」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

調子のいい営業マンなどが「相違ございません」を連発すると、かえって信用できない気がしてくるらしい。「相違」について解説してもらう。

「相違」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「相違」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「相違」の意味は?

「相違」には、次のような意味があります。

二つのものの間にちがいがあること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

ここでいう「違い」は、なんとなくの印象ではなくきちんと確証があって「違う」と言い切れる状態です。「相違点を検証する」のように、「点」をつけて使うこともあります。

日常的には「相違ない」と否定して使うことが多く、この場合は「違いない」の意味。「あいつの仕業に相違ない」などと使います。ビジネスシーンでは、上司にでも顧客にでも「相違ございません」と丁寧にすることも多い言葉。これを「相違ありません」と言っても間違いではないのですが、敬語に厳しい人などはちょっと丁寧さが足りない印象を持つこともあるようなので気をつけましょう。

「相違」の語源は?

次に「相違」の語源を確認しておきましょう。

「相」の字は、「木を見る」の意味から「物の姿」を表し、さらには「お互いに」の意味も持つ漢字。「真相」は真実の姿、「相似」といえば互いに似ていることを指しますね。「違」は訓読みで「ちがう、ちがい」と読むとおり、異なるという意味。この2つの漢字が合わさって、「2つのものが互いに異なる」という意味になったのが「相違」です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: