国語言葉の意味

「相違」ってどんな意味?どんな時に使うの?意味・使い方・類義語を言葉大好きライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「相違」について解説する。「相違」は知名度としてはそれほど低い単語じゃないが、あまり日常で頻出する単語でもない。また、意味はわかりやすいが、具体的にどう使うのかという段階で悩まれることも多いな。元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んだ。一緒に「相違」の意味や語源、言い換えなどを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

「相違」の意味って?

image by iStockphoto

「相違」の意味は以下の通りです。

相違(そうい)とは、違いがあること、および、そのような違いを意味する表現です。

出典:Weblio辞書 「相違 意味」

意味は特に難しくはなく、「違い」という意味です。使用する際も、「違い」という単語が登場する場面は大抵「相違」に置き換えて問題ありません。「相違」の「相」とは相手の「相」であり、互いにという意味があります。このことから、漢字によっても「互いに違う点」という意味を指しているという推測が可能です。

「相違」がある・ないとはどういうこと?

「相違」は使用される際、頻繁に「ある」「ない」といった有無を示す言葉が続きます。わかりにくい場合は、「相違」を「違い」に置き換えてみてください。「違いがある・ない」という言い方であれば、意味を掴みやすくなるはずです。他にも「相違点」という言葉がありますが、これも「違う点」と置き換えるとわかりやすいでしょう。

また、まれにですが「相違している・していない」という言い方もあります。これも意味は同様で、「違っている・いない」ということです。

「相違」の使い方

「相違」は以下のように使用します。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: