化学地学物質の状態・構成・変化理科生活と物質

「結露」を防ぐには?対策はあるの?例題で考えよう!理科教員資格ありのライターが解説

よぉ、桜木建二だ。特に冬場に窓ガラスにつく水滴「結露」。放置すると湿気がたまってカビが発生してアレルギーの原因になったり、壁にシミがつくなど建材を傷めたりする。この記事では「結露」を防ぐためにはどうすればよいか。理科教員免許を持ったライターR175と、まずは結露が発生するメカニズムとその対策について解説していこう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

R175

ライター/R175

とある国立大の理系出身。理科の教員免許持ち。共通テストでも重視される「日常の身近な現象との関連性」を重視した解説を強みとする。

1.結露とその弊害

image by iStockphoto

結露は外気などによって冷えたグラスや窓ガラス・サッシに室内の暖かい空気が当たった時に出来ます。放置すると、窓付近がジメジメと湿度の高い状態に。すると湿度の高い場所を好むカビやダニが繁殖してアレルギー反応が出やすく、住居の環境が原因で起きる「シックハウス症候群の原因になります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
R175