国語言葉の意味

「相殺」の意味や使い方は?例文や類語を文学院生が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「相殺」について解説する。

端的に言えば相殺の意味は「物事の相反する要素や競合する要素が、互いに差し引きされること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、日本文学を専攻し研究している翠を呼んだ。一緒に「相殺」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/翠

中古の日本文学を研究している。様々な時代やジャンルの作品を読み、ことばに触れている。中学校と高校の国語科の教員免許も取得しており、ことばについて分かりやすく説明する。

ID: ↑パーツ内本文:83文字

「相殺」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 62615617

それでは早速「相殺」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:30文字

「相殺」の意味は?

辞書によると「相殺」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:26文字

1.物事の相反する要素や競合する要素が、互いに差し引きされること。そうさつ。

2.二人が相互に同種の債務を負っている場合に、互いに弁済する代わりに、当事者の一方の意思表示により、双方の債務を対当額だけ差し引いて消滅させること。

出典:日本国語大辞典 第2版(小学館)「そう-さい」

ID: ↑パーツ内本文:142文字

上記の辞書にもある通り、「相殺(そうさい)」には、二つの意味があります。いずれにしても言えることは、二つある要素が互いの力を帳消しにする、というものです。

一つ目の意味としては、「全体的な分野において二つの要素を差し引きする」というもので、二つの要素は、相反するものもあれば競り合う、対等のものもあります。とにかく、二つの要素が打ち消しあう様子を言ったものです。

二つ目は、法律用語として使われています。日本では、民法第505条が「相殺」の要件を記した条項です。

例えば、Aという人物とBという人物がいるとします。AはBに対して、100万円の借金があり、BはAに対して、50万円の借金があるとしましょう。このとき、いちいちそれぞれが借金の額を丁寧に帰すのは面倒ですので、相殺させることにします。そうすると、お互いの借金の中の対等な額である50万円は打ち消されて、最終的にAがBに対して残り50万円を貸金として返せばいいという状態になるのです。

このように、「相殺」には法律用語としての意味も含まれています。そこでは、特にお金に関して、特に借金の返済に関して使われるケースが多いです。

ID: ↑パーツ内本文:495文字

「相殺」の語源は?

次に「相殺」の語源を確認しておきましょう。「相殺」は「相」と「殺」という字が合体したものです。

「相」には様々な意味がありますが、ここでは「お互いに」という意味を表します。「殺」は「殺人」「殺傷」に使われるように、何やら物騒な漢字のようですね。ここでの「殺」は「そぐ、へらす」の意味で用いられます。

古代中国の歴史書である『春秋』の注釈書、『春秋公羊伝』に「春秋の辞繁くして殺がざる者」という言い回しがありますが、これは「殺」を「そぐ、へらす」という意味で使っているものです。

「少なくすること」を「減殺(げんさい)」と言いますが、「相殺」の「殺」もこの意味を持っていると言えましょう。また、「減殺」も「相殺」も「殺」の読み方は「さい」と、日本語にしては珍しい読み方です。

ID: ↑パーツ内本文:339文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: