この記事では「アンセム」について解説する。

端的に言えばアンセムの意味は「代表曲」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師歴5年のれお先生を呼んです。一緒に「アンセム」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/れお先生

教壇に立って、授業をすること5年。今も現役塾講師として、中学生・小学生を指導している。塾での経験を活かし、子供でも分かりやすい記事の作成を心がける。

「アンセム」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「アンセム」という言葉を1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?ゲームの名前で使われていたり、アンセムというタイトルの曲やアーティストがいたりします。耳にすることがあっても、なかなかニュアンスをつかむのが難しい言葉です。

それでは早速「アンセム」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「アンセム」の意味は?

「アンセム」には、次のような意味があります。

アンセム【anthem】
1 イギリス国教会の礼拝式で歌われる合唱曲。

2 頌歌(しょうか)。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「アンセム」

イギリス国教会は、キリスト教の1つの宗派です。イギリス国教会の礼拝式等で歌われる合唱曲「アンセム」といいます。この「アンセム」は2種類に分類され、「フル・アンセム」という伴奏のない合唱で言葉が聞き取りやすい曲と、「ヴァース・アンセム」というオルガンなどの楽器での伴奏があり、独唱パートと重唱パートに分かれた曲です。また、 頌歌とは、ほめたたえる歌という意味で、これは古代ギリシアやローマの時代から神をたたえる歌として歌われていました。イギリス国教会で歌われる「アンセム」の歌詞も、聖書など宗教的なテキストからできています。

しかし、今日本でよく使われている「アンセム」の意味は「代表曲」です。音楽ユニットやアーティストが人気になったきっかけの曲を「アンセム」といいます。また、国を代表する曲として「国歌」やオリンピックなどのイベントでの「応援歌」などでも使われ、様々な音楽シーンで使われる言葉になりました。

\次のページで「「アンセム」の語源は?」を解説!/

「アンセム」の語源は?

次に「アンセム」の語源を確認しておきましょう。アンセムは、古代ギリシアの言葉「アンティフォーナ」という言葉からきています。「アンティフォーナ」とは、キリスト教聖歌の隊形の1つを指す言葉です。現在もカトリック教会と正教会では行われています。イギリス国教会は、宗教改革が起き、カトリック教会から独立しました。このときに、イギリス国教会は「アンティフォーナ」という言葉を「アンセム」として使っています。

「アンセム」の使い方・例文

「アンセム」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.今年のクリスマスで歌うアンセムを練習する
2.国の英雄を証したアンセムがある

「アンセム」は歌を表す言葉なので、例のような使い方をします。実際に、イギリス国教会で歌われる「アンセム」は、公衆向けではなく、訓練を積んだ合唱団が歌うための曲が多く練習が必要です。

また、「アンセム」は日本でよく「代表曲」として使われます。例えば、嵐にとっての「Love so sweet」は「アンセム」だ。のようにを日本では「アンセム」を音楽グループやアーティストの「代表曲」を表したり、国の代表曲という意味で「国歌」の事も「アンセム」ということがあります。

「アンセム」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「アンセム」類義語には、英語の「hymn」があります。「hymn」は日本ではなじみのない言葉なのでカタカナ語がありません。

\次のページで「「hymn」」を解説!/

「hymn」

「hymn」には、次のような意味があります。

hymn

1.(教会の)賛美歌、聖歌、賛歌

2.(賛美歌を歌って)<神などを>賛美する(賛美歌で)<賛美・感謝などを>表す

3.賛美歌を歌う

出典:新英和中辞典(研究会)「hymn」

「hymn」は「アンセム」の元々の意味の「頌歌」との類義語です。「hymn」には日本で使われている「アンセム」のような「代表曲」や「国家」という意味はありません。宗派を問わずキリスト教で歌われる、神への賛美などの宗教的な意味の賛美歌として使われます。

「アンセム」の対義語は?

「アンセム」対義語は明確に決まっていません。「アンセム」の「頌歌」という意味に対しての対義語は、「ディスる曲」はどうでしょうか。

「ディスる曲」

「ディスる曲」とは、特定の人や団体への怒りから蔑んだり、悪態をついた歌詞を歌う曲です。「ディスる」という動詞と「曲」が合わさって「ディスる曲」となっています。「ディスる」という動詞は、「ディスリスペクト」語源です。日本のヒップホップシーンでよく使われていたことがきっかけで、今では日常会話でも使われます。また、以前はインターネットスラグとしてネットで悪口を言うことを「ディスる」悪口を言われることを「ディスられた」と使っていました。

「アンセム」の英訳は?

image by iStockphoto

「アンセム」は英語の「anthem」を語源としています。

\次のページで「「anthem」」を解説!/

「anthem」

「anthem」には、次のような意味があります。

anthem

1.聖歌、賛美歌

2.祝歌、頌歌

出典:新英和中辞典(研究会)「anthem」

日本語の「アンセム」も英語の「anthem」も意味、使い方は同じです。キリスト教のイギリス国教会で歌われる合唱曲を指す元々の意味で使うこともありますが、日本同様「代表曲」として使うこともあります。「anthem」を使って、the British national anthem(英国国歌)のように「国歌」という意味で使うことも日本と同じです。

「アンセム」を使いこなそう

この記事では「アンセム」の意味・使い方・類語などを説明しました。「アンセム」は、イギリス国教会の礼拝式で歌われる合唱曲という宗教的な意味の言葉です。宗教改革のときに、キリスト教のカトリック教会からイギリス国教会は独立し、「アンセム」という言葉が出来ました。「アンセム」は頌歌として使われていましたが、現代では、多くの音楽シーンで使われる言葉です。日本だけでなく、海外でも「国歌」やアーティストの「代表曲」という意味でも使われており、元々の宗教的な意味だけではなく新しい意味や使い方が増えています。気を付けて使いましょう。

" /> 「アンセム」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「アンセム」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「アンセム」について解説する。

端的に言えばアンセムの意味は「代表曲」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師歴5年のれお先生を呼んです。一緒に「アンセム」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/れお先生

教壇に立って、授業をすること5年。今も現役塾講師として、中学生・小学生を指導している。塾での経験を活かし、子供でも分かりやすい記事の作成を心がける。

「アンセム」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「アンセム」という言葉を1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?ゲームの名前で使われていたり、アンセムというタイトルの曲やアーティストがいたりします。耳にすることがあっても、なかなかニュアンスをつかむのが難しい言葉です。

それでは早速「アンセム」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「アンセム」の意味は?

「アンセム」には、次のような意味があります。

アンセム【anthem】
1 イギリス国教会の礼拝式で歌われる合唱曲。

2 頌歌(しょうか)。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「アンセム」

イギリス国教会は、キリスト教の1つの宗派です。イギリス国教会の礼拝式等で歌われる合唱曲「アンセム」といいます。この「アンセム」は2種類に分類され、「フル・アンセム」という伴奏のない合唱で言葉が聞き取りやすい曲と、「ヴァース・アンセム」というオルガンなどの楽器での伴奏があり、独唱パートと重唱パートに分かれた曲です。また、 頌歌とは、ほめたたえる歌という意味で、これは古代ギリシアやローマの時代から神をたたえる歌として歌われていました。イギリス国教会で歌われる「アンセム」の歌詞も、聖書など宗教的なテキストからできています。

しかし、今日本でよく使われている「アンセム」の意味は「代表曲」です。音楽ユニットやアーティストが人気になったきっかけの曲を「アンセム」といいます。また、国を代表する曲として「国歌」やオリンピックなどのイベントでの「応援歌」などでも使われ、様々な音楽シーンで使われる言葉になりました。

\次のページで「「アンセム」の語源は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: