国語言葉の意味

社会における頻出単語?「重複」の意味・使い方・類義語を言葉大好きライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「重複」について解説する。

「重複」はあらゆる場面で出てくる言葉だ。大人であれば「知りません」とはとても言えないような単語だから、きちんと知らなかった奴は、この記事を読んで必ず押さえるようにしてくれ。

元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んだ。一緒に「重複」の意味や使い方、言い換えなどを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

「重複」の意味って?

image by iStockphoto

「重複」の意味は以下の通りです。

重複(じゅうふく/ちょうふく)とは、複数の同じ(同種の)物事が重なること、および、そのような状態のことです。

出典:Weblio辞書 「重複 意味」

前提として全く同じものが複数ある状態を示しています。上記に「重なる」という言葉が記載されていますが、これはあくまで概念の上で重なっている、という意味です。物理的に重なって積み上げられているというわけではないため、電子メールなど、物質的に重ねられない物に対しても、問題なく使うことができます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「重複」は比較的文字から内容を推し量りやすい言葉でもある。難しそうな響きに聞こえるかもしれないが、意味は簡単だぞ。

「重複」は悪いことなの?

「重複」の意味を検索すると、以下のような説明も出てきます。

\次のページで「「重複」の読み方」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: