国語言葉の意味

「パフォーマンス」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「パフォーマンス」について解説する。

端的に言えばパフォーマンスの意味は「演劇・音楽などを上演・演技する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日々、言葉について勉強を積み重ねているwebライターのミロさんを呼んだ。一緒に「パフォーマンス」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ミロさん

日々、言葉について勉強を積み重ねているwebライター。1つ1つの言葉に興味を持ち、理解を深めている。

「パフォーマンス」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「パフォーマンス」の意味・語源・使い方を見ていきましょう。この言葉にはどのような意味・語源・使い方があるのか、知りたいですね。「パフォーマンス」は状況に応じて使い方が変わるため、間違えないようにしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

「パフォーマンス」の意味は?

「パフォーマンス」には、次のような意味があります。この言葉には4つの意味があり、それぞれ聞いたことがあるはずです。今回は4つの意味を正確に理解して、しっかりと使い分けるようにして下さいね。

1.演劇、音楽、舞踊などを上演する・芸、演技。

2.身体を媒介とした芸術表現で、演劇など現代美術の表現。

3.人目を引くための行為。

4.性能、機能、効率。

1から3までの意味は類似していますが、4つ目だけ少し意味が異なります。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「パフォーマンス

1つ目の「演劇・音楽・舞踊」は、舞台など上演することや「芸・演技」に関しても含まれています。全体の出来事だけではなく、その中で行われていることも指しているのです。

2つ目は身体を媒介とした芸術の現代美術を表現しています。現代美術の中では、演劇が当てはまりますね。

3つ目の人目の引くために行うことです。多くの人の注目を集めて、自らの演技や芸を見てもらおうとする時に行います。黙々と演技を行っただけでは誰からも見てもらえず、自らを目立たすためにも人目の留まることを行う人もいるでしょう。

4つ目は「性能・機能・効率」を意味しており、コンピューターやシステムの時に使います。例えば、パソコンの機能性が良いや効率的なシステムなどで用いられますね。

上記のように4つの使い方があるため、一度に覚えることが難しいでしょう。特に4つ目以外は意味が似ているため、どの場面で使うのが適切なのか迷うことがあるでしょう。その時はスマートフォンやタブレットからインターネットで無料のサイトで検索して確認することをおすすめします。

「パフォーマンス」の語源は?

次に「パフォーマンス」の語源を確認しておきましょう。どのような語源になっているのか気になりますね。ちなみにパフォーマンスは英語の「performance」が語源になっています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: