国語言葉の意味

「オンデマンド」の意味や使い方は?例文や類語を国文学部卒ライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「オンデマンド」について解説する。

端的に言えばオンデマンドの意味は「要求に応じてサービスの提供を行うこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国文学専攻の大学を卒業し、日本語教師の資格を持つasukaを呼んだ。一緒に「オンデマンド」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/asuka

国文学専攻の大学を卒業。日本文学や日本語学を学ぶうちに、言葉が持つ意味の奥深さに魅了され、在学中に日本語教師の養成講座を修了する。これまで学んだこと、経験を活かし丁寧に解説していく。

「オンデマンド」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

皆さんは「オンデマンド」という言葉を知っていますか?聞いたことはあっても、意味は分からないという方もいるのではないでしょうか。これから「オンデマンド」の意味や語源・使い方について説明しますので、一緒に確認していきましょう!

「オンデマンド」の意味は?

「オンデマンド」には、次のような意味があります。

注文や要求に即応して商品やサービスを提供すること

出典:広辞苑 第六版(岩波書店)「オンデマンド」

「オンデマンド」とは「On Demand」と表記され「要求に応じて商品やサービスを提供する」ことを意味するIT用語です。「オンデマンド」の代表的なものといえば「ビデオオンデマンド(Video On Demand)」や「イーラーニング(eラーニング)」が挙げられるのではないでしょうか。

ビデオオンデマンド(Video On Demand)」とは視聴者が場所や時間を問わず「見たい」と思った時にドラマや映画、アニメなどを視聴できるサービスのことで、例えば「Amazonプライムビデオ」や「hulu」「Netflix」などがその類です。また「イーラーニング(eラーニング)」とはインターネットを使用して学ぶことを言い、学習者がパソコンやスマートフォンを通して場所や時間を選らばず「学びたい」と思った時に学べるサービスを言います。

以上のように「見たい」「学びたい」など要求があった時、即時に要求に応じてサービスを提供してくれることを「オンデマンド」と言うことが分かりました。感染症が流行している今「ビデオオンデマンド(Video On Demand)」や「イーラーニング(eラーニング)」は私たちの生活を非常に豊かにしてくれていますね。私自身、時間や場所にとらわれず好きな時にドラマなどを見ることが出来た時は感動したのを覚えています。

「オンデマンド」の語源は?

image by iStockphoto

次に「オンデマンド」の語源を確認しておきましょう。

「オンデマンド(On Demand)」を直訳すると「要求に応じて」となります。和製英語ではなく英語圏で日常的に使用されている言葉です。日本で使用されている「オンデマンド」も「On Demand」が由来となっています。ビデオオンデマンドの代表格となっている「Amazonプライムビデオ」や「hulu」「Netflix」は全てアメリカ合衆国が生んだものであり外国に由来があることに納得がいきますね。日本にも独自のテレビ局系列のビデオオンデマンドがいくつか存在しますが、日本で使用されているオンデマンド式のサービスは海外から取り入れたものがほとんどです。

\次のページで「「オンデマンド」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: