国語言葉の意味

「アセスメント」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「アセスメント」について解説する。

端的に言えばアセスメントの意味は「評価」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験した柊雅子を呼んだ。一緒に「アセスメント」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/柊 雅子

イベントの司会や雑誌の記事作成を仕事としてきたライター、柊 雅子。インタビューでは難しい「カタカナ語」をシャワーのように浴びることもあり「スマホで検索」も仕事の一つに…。そんな柊 雅子が「アセスメント」の意味や使い方について解説する。

ID: ↑パーツ内本文:124文字

「アセスメント」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 54673463

それでは早速「アセスメント」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「環境アセスメント」という言葉をよく耳にします。「その意味は?」と問われると上手く説明できなかったりしませんか。「アセスメント」にはどんな意味があるのでしょう?

ID: ↑パーツ内本文:116文字

「アセスメント」の意味は?

「アセスメント」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:24文字

査定。事前影響評価。アセス

出典:デジタル大辞泉(小学館)「アセスメント」

ID: ↑パーツ内本文:38文字

「査定」「評価」という意味をもつ「アセスメント」は様々な場面で用いられ、使用される場面や分野によって意味が異なります。

それでは「アセスメント」を使用される分野別にみていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:92文字

#1 ビジネスで使用される「アセスメント」

ビジネスで使用される場合は「人材アセスメント」「人事アセスメント」「環境アセスメント」「リスクアセスメント」のような使われ方をします。

「人材アセスメント」「人事アセスメント」は人材の配置が適切かどうか…つまり「適材適所」が実践されているかどうかということです。「環境アセスメント」は製品を製造する時の廃棄物排出量で評価が決定し、その量が少ないほど社会的に評価が高い「エコ」ということになります。「リスクアセスメント」事前にリスクを理解し備えておくこと。リスクを理解していれば損失は少なくて済みますね。

ID: ↑パーツ内本文:260文字
次のページを読む
1 2
Share: