国語言葉の意味

「コンテンツ」の意味や使い方は?例文や類語を言葉のマニアライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「コンテンツ」について解説する。

端的に言えばコンテンツの意味は「情報」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

編集経験もあり、情報誌系のライターを10年経験したコトバアソビを呼んだ。一緒に「コンテンツ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/コトバアソビ

良質なコンテンツを提供しようと日々暗中模索のライター。今回は「コンテンツ」について解説をする。コンテンツが日々右往左往をする中、情報の精査に日々の大半を追われている。

ウェブ会議をしながら作る今回の記事は、果たして読者に対し良質なコンテンツになるのであろうか?

「コンテンツ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「コンテンツ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「コンテンツ」の意味は?

「コンテンツ」には、次のような意味があります。辞書にて次のように定義をされていますよ。

1.WebサイトやDVD、CD-ROMタイトルに含まれる情報の内容のこと。娯楽や教養のために創作された内容を指し、小説、ニュース、音楽、ゲーム、映画、地図、天気予報など、あらゆるものやサービスがある。日本のコンテンツ産業は2008年に世界第2位の規模まで発展し、さらなる成長が期待されている。2004年には、コンテンツ産業を活性化するための法律として「コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律」(略称は「コンテンツ促進法」)が定められた。

出典:ASCII.jpデジタル用語辞典(小学館)「コンテンツ」

コンテンツとは一言で「情報」のことを指します。ただ文字や文章だけではなく、映像や動画などを指しますね。この辞書での意味は、Web用語のため、インターネットの普及により広まった言葉です。娯楽や知識・教養を得るものという意味で記します。

今ではコンテンツは、情報そのものを指し幅広く使われていますね。ためになったことや勉強になったことなどを示すWeb媒体の専門用語で、本に替わる品として用いられています。今では小説なども示すために、本もコンテンツの分類に入りますが、紙の書籍についてはなぜか使われていません。他にブックなどの用語があるからでしょうか。

筆者が従事をする書籍を作るライターも、あと20年で全てAI化されると言われており、何かに特化したコンテンツより読者の悩みを解決へと導くコンテンツへのシフトチェンジが課題です。最近ではTikTokを始めとした映像コンテンツも、かなり短いものが流行っていますね。

「コンテンツ」の語源は?

次に「コンテンツ」の語源を確認しておきましょう。

「コンテンツ」は英語の「content」から来ており、意味は内容中身です。情報という意味に替わったのは、インターネットの普及により、Web媒体にて発信物を指したからですね。「content」の由来はラテン語の「continere」で「袋の中に詰める」という意味です。

ラテン語の「continere」は、もう1つの言葉を日本にもたらしています。輸送などに使う「コンテナ」です。コンテンツより前に伝わったこの「コンテナ」は、輸送の手段として、インフラ整備とともに広がりました。大量生産・大量消費社会を密かに支えたコンテナは、今ではSDGsの普及により、大量生産・大量消費社会への警鐘として、少しネガティブに捉えている人もいると聞いたことがあります。

一方「コンテンツ」は、今では良いイメージとして捉えられており、良質なコンテンツの発信媒体の重要性を各企業が感じ、広報にも力を入れていますよね。当然悪質なコンテンツは、自動的に淘汰をされています。

「コンテンツ」の使い方・例文

「コンテンツ」の使い方を例文に習い見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.このサイトのコンテンツはどれも良質でためになります。
2.スマートフォンが普及をして発信媒体のコンテンツも変わり、動画も短いものが含まれています。
3.キラーコンテンツを持てるか持てないかは、これからのビジネスの大きな課題だ。
4.   粗悪なコンテンツは、検索キーワードから外れるようになっており、読者のニーズにマッチしたコンテンツが表示されるようになっています。
5.   コンテンツ重視の世の中です。遅れることは許されない。

3つとも筆者の体験です。筆者は社内広報にも従事をしており、発信の重要性を理解しています。自分が発信をすることで世界は変わると思い、今年から看板を完全に営業にかけかえたところ思いのほか好評にて、全て今年に入り言われた実話です。

良質なコンテンツを提供するには、読者の悩みや疑問をズバッと解決をすること以外にはありません。したがって良質なコンテンツを提供できるライターとして、記者と同じように取材にも力を入れています。近年SEOライティングよりも、読者へのUXを提供するコンテンツの作成は、より求められているスキルです。

したがって自分自身の言葉で体験、経験を語るコンテンツが、読者の心を掴みます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

コンテンツは英語からの派生語だ。中身を意味する言葉から、コンテナなどとは別に作られたWebの専門用語だな。今では中身よりも情報そのものを指しいろいろな使われ方をする。コンテンツだけだと、年上の人には伝わらないから、少し補足の説明をすると良いだろう。

「コンテンツ」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

それではコンテンツの類義語を見てみましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: