国語言葉の意味

「コンテンツ」って?ビジネス用語としての意味や「オワコン」との関係・使い方・関連語などを元小学校教諭が解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では「コンテンツ」について解説する。

端的に言えば「コンテンツ」の意味は「内容物・中身」だ。この記事を読むと、ビジネスやオタクといった他分野の新しい知識と教養を身につけながら「コンテンツ」の奥深さを堪能できるぞ。

小学校教諭として言葉の授業を何度もしてきた「こと」と一緒に、「コンテンツ」の意味や使い方・関連語などを見ていこう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/こと

元小学校教諭のwebライター。先生や子どもたちから「授業が分かりやすい!」との定評があった教育のプロだ。豊富な経験を活かし、どんな言葉も分かりやすく解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:81文字

「コンテンツ」の意味と使い方

image by iStockphoto

では早速「コンテンツ」の意味と使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:28文字

「コンテンツ」の意味をまずは辞書で確認

まずは「コンテンツ」の意味を辞書で確認します。

ID: ↑パーツ内本文:23文字

1.内容物。中身。
2.書籍の目次。
3.インターネットやケーブルテレビなどの情報サービスにおいて、提供される文書・音声・映像・ゲームソフトなどの個々の情報のこと。デジタルコンテンツ。

出典:コトバンク(デジタル大辞泉)

ID: ↑パーツ内本文:109文字

元々の「コンテンツ」は1の「内容物・中身」の意味です。「コンテンツ」という言葉が使われ始めたのは1964年のことであり、この頃はスマホやタブレットはもちろんパソコンも無い時代でした。

また2のように「書籍の目次」という意味もあります。ネット上の情報以外にも使われており、雑誌やテレビなどの項目に対して使われることが多くありました。

また3はカタカナ語で主にネット上のものに使われることが多くなっています。デジタルツールが普及した今日では、この3の意味で使われることをイメージする人が最も多いのではないでしょうか。

ID: ↑パーツ内本文:258文字

「コンテンツ」を使った例文を紹介

次に「コンテンツ」を使った例文を紹介します。

ID: ↑パーツ内本文:22文字
次のページを読む
1 2 3
Share: