国語言葉の意味

「したたか」の意味や使い方は?例文や類語を国文学部卒ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「したたか」について解説する。

端的に言えばしたたかの意味は「強くしっかりしているさま」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国文学専攻の大学を卒業し、日本語教師の資格を持つasukaを呼んだ。一緒に「したたか」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/asuka

国文学専攻の大学を卒業。日本文学や日本語学を学ぶうちに、言葉が持つ意味の奥深さに魅了され、在学中に日本語教師の養成講座を修了する。これまで学んだこと、経験を活かし丁寧に解説していく。

「したたか」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「したたか」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「したたか」の意味は?

「したたか」には、次のような意味があります。

1.非常に強いさま。てごわいさま。
2.いかめしいさま。しっかりしているさま。
3.(副詞的にも用いる)甚だしいこと。沢山。

出典:広辞苑 第六版(岩波書店)「したたか」

「したたか」とは「非常に強いさま」を意味する形容動詞です。また「たくさん」という意味で副詞的に使用されることもあります。漢字で「強か」もしくは「健か」と書きますが、ひらがなで表記されることが一般的なので特別なことがない限りはひらがなで書きましょう。「したたか」という言葉を聞いて、あなたはどのような印象を受けますか?「あの人はしたたかな人だ」というように使用されることがありますね。この表現を聞いてどのようなイメージを持つでしょうか。もしくは、「君はしたたかな人だね」と他人に言われた時どのような気持ちになりますか?きっと悪い意味に捉え「悪口を言われてるのかな」と思う人も多いでしょう。

多くの人は「したたか」という言葉にネガティブな印象を持っていると思いますが、実は「したたか」という言葉にはいくつかの意味があり使われ方によってはポジティブな表現にもなることがあります。使い方によっては褒め言葉ともなる言葉なので、この機会に正しい意味や使い方を覚えましょう。

「したたか」の語源は?

次に「したたか」の語源を確認しておきましょう。

「したたか」は「確か」という意味の語構成要素と言われる「した」を重ねたものの変化に「か」という接尾語が続いて構成された言葉だと考えられています。「確か確かである」つまり「しっかりしている」というように解釈できますね。

次のページを読む
1 2 3
Share: