国語言葉の意味

「随時」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「随時」随時について解説する。

端的に言えば随時の意味は「いつでも」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んだ。一緒に「随時」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「随時」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説していく。

「随時」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「随時募集中」というフレーズ、アルバイトの募集などでたまに見かけませんか?何となく言っている事は分かる気がしますね。では、ビジネスで「随時連絡をくださいね」と言われたらどうでしょう?「いつでも連絡OKなのかな」と思ってしまった人は要注意です。あいまいなニュアンスで捉えていた人にも分かるように、しっかりと解説していきますね。

それでは早速「随時」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「随時」の意味は?

「随時」には、次のような意味があります。

1.適宜な時に行うさま。その時々。
2.日時に制限のないさま。好きな時にいつでも。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「随時」

「随時」は「ずいじ」と読みます。「ときどき」「いつでも」という意味で、意味だけを見るとラフな印象ですが、ビジネスシーンにおいては「その時々の状況に合わせて」「いつでも臨機応変に」といったニュアンスで用いられますよ。端的に言うと「非定型・不定期」であり、分かりやすく例を挙げると、「随時更新」は「定期的な更新ではありませんが、必要に応じて更新します」といった意味になります。

「随時」の語源は?

次に「随時」の語源を確認しておきましょう。

「随時」の「随」には、「したがう」「成り行きにまかせる」などの意味があります。「時」は「じ」と読むとき「特定の時間」を指すので、2つ合わせて「時にしたがう」といった意味になりますよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: