国語言葉の意味

【慣用句】「首を切る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「お払い箱」

こちらも解雇するという意味で、「お払い箱にする」「お払い箱になる」といったように使うことのできる表現です。ちなみに人だけでなく物を捨てるときにも使うことができ、たとえば「長年使ってきた家具をお払い箱にする」などと言うことができます。

「リストラ」

リストラクチャリング(Restructuring)の略語です。本来は「(事業の)再構築」という意味で、解雇のみを意味するものではありませんが、不況期の日本においてはリストラの過程で人員整理や部門縮小がよく行われたことから、「リストラ=解雇」という意味で一般に広く知られるようになりました。

「首を切る」の対義語は?

さらに、「首を切る」の対義語も見ていきましょう。

「雇用」

端的に言えば企業が従業員を雇うことですが、もう少し厳密にいうと、被用者が労働に従事し、使用者が被用者に対して報酬を与えるという契約のことです。似た言葉として「登用」がありますが、こちらは人材をある役職などに引き上げるという意味で、「パート職員を正社員に登用する」などと用いられます。

「首を切る」の英訳は?

image by PIXTA / 60551358

「首を切る」を英語で表すとすればどのような表現になるのでしょうか。

「dismiss」

解雇する、解散させる、退ける、といった意味を持つ単語です。例えば「その会社は彼を解雇した。」と言いたい場合の表現は「The company dismissed him.」となります。

\次のページで「「fire」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: