国語言葉の意味

【慣用句】「首を切る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「首を切る」の使い方、例文

それでは「首を切る」の使い方を、例文を使って見ていきましょう。この言葉は、実際の会話や文章では以下のように用いられます。

1.彼はこのところ仕事でミスが続いたために社内での立場が危うくなり、首を切られるのではないかとびくびくしている。

2.武士の切腹に際しては、本人が長く苦しまないために、首を切って死なせる介錯を行うのが一般的であった。

1は解雇するという意味、2は文字通り首を切り落とすという意味の用例です。1の用法は一般に広く通用するとはいえ、ややくだけた表現ですので、ビジネスの場面においては「解雇する」「免職する」などとした方がよいでしょう。

「首を切る」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ここでは「首を切る」に似た意味を持つ言葉について説明します。

「暇を出す」

「ひまをだす」と読み、解雇する、休暇を与える、という意味です。「暇をやる」という表現もあります。

\次のページで「「お払い箱」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: