国語言葉の意味

【慣用句】「首を切る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「首を切る」の意味について解説する。

このことわざの意味は端的に言うと「解雇する」または「打ち首にする」といったところですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

公務員として公文書作成や出版社での校閲業務といった経験を持つwebライターの本木を呼んです。一緒に「首を切る」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/本木

大学では理系専攻で、物事の仕組みや成り立ちについて考えることを得意としている。「首を切る」の意味について、細かなニュアンスまでじっくりと解説していく。

「首を切る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「首を切る」の意味や使い方を見ていきましょう。

「首を切る」の意味は?

「首を切る」には、次のような意味があります。

1 免職・解雇する。

2 打ち首にする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「首を切る」

1は慣用句としての用法で、免職(めんしょく)や解雇(かいこ)により仕事を辞めさせるという意味です。同種の表現として「クビになる」「クビが飛ぶ」「首切り」などもありますね。

また「(音読み:カク、訓読み:みみきる、くびきる)」もこれ一文字で解雇する・打ち首にするという意味があるほか、「馘首(かくしゅ)」も同様の意味を持っています。

2は読んだままの意味で、首を切り落とすという意味です。斬首刑は古代から現代に至るまで世界中で行われてきましたが、日本では過去に武士や庶民に対する刑罰として行われました。日常生活においてはこの意味で使われることはまずありませんが、時代劇や時代小説などではこの用法が見られます。

こちらも1と同様、「馘」や「馘首」が同じ意味を持つほか、「斬首」も同じ意味です。

「首を切る」の語源は?

次に「首を切る」が「解雇する」という意味で使われるようになった由来を確認しましょう。

この由来には諸説あるようですが、実際に打ち首にするという意味が転じてできた慣用句であるというのが一説です。人間の首には脊髄や大きな動脈が通っているほか、飲食や呼吸をするためにも不可欠ですから、これを切られるということはもちろん命に関わることですね。これに対して、仕事を解雇されると収入を失い生活が立ち行かなくなり、ひいては命に関わってきます。このことから、解雇することの比喩として「首を切る」という表現が生まれたというのが一つの説です。

また、この用法が実際にいつから広まったのかもはっきりとはしていませんが、江戸時代後期、19世紀の初めころの書物で「首を切る」「首にする」という表現が確認されていることから、少なくともそのころまたはそれ以前から使われていたということが言えますね。

他に、人形浄瑠璃において芝居が終わると人形の首がはずされることに由来しているという説もあります。

\次のページで「「首を切る」の使い方、例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: