国語言葉の意味

「ご足労」の意味や使い方、注意すべきポイントは?例文や類語を元大手予備校校舎長が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ご足労」について解説する。

端的に言えばご足労の意味は「相手に足を運んでもらう」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると丁寧な印象を与えられるシーンが増えるぞ。

元大手予備校校舎長で大学入試の国語指導歴が長いライターのみゆなを呼んだ。一緒に「ご足労」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「ご足労」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

ビジネスシーンでは会話でもメールでも「ご足労いただき、ありがとうございます」といった表現を目にします。しかし実際に使用する時になると、上司に使ってよい表現だったか、どんな場面で使う言葉だったかと困る人も多いのではないでしょうか。尊敬語の要素も含むのが「ご足労」です。意味を正しく理解し、適切に使いこなせるとコミュニケーションが一気に円滑になります。

それでは早速「ご足労」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ご足労」の意味は?

「ご足労」には、次のような意味があります。

相手を敬って、その人がわざわざ出向くことをいう語。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ご足労」

「足労」とは文字通り、足に労苦をかけるという意味です。足を動かす、つまり歩く・来る・行くなどの行動を指します。「ご足労」は足労に尊敬語の「ご」を付けた表現で、相手にわざわざ足を運んでもらうという意味です。目上の人・お客様・取引先等に対して使いましょう。相手が足を運ぶ場所は、こちらがいる場所でも指定する別の場所でも構いません。いずれにせよ、こちらが指定する場所までわざわざ足を運んでもらうことに対する感謝と労いの気持ちが含まれています。

「ご足労」はやり取りの中で、自然に気持ちを伝えられる表現の一つです。

「ご足労」の使い方・例文

「ご足労」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、以下のような場面で用いられます。

次のページを読む
1 2
Share: