国語言葉の意味

「嘲る」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きライターが解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「嘲る」について解説する。

端的に言えば嘲るの意味は「馬鹿にする」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使ったり表現できるシーンが増えるぞ。

大学時代に文学サークルに所属していた読書好きライターおまめを呼んだ。一緒に「嘲る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/omame

大学時代に人文学系の学問を専攻し、大学の文学サークルで活動してきた生粋の文系人間。読者にとって役立つ言語や単語の情報を平易な言葉で紹介する。

「嘲る」の意味や使い方まとめ

image by iStockphoto

なんとなくあまり良くないイメージのある「嘲る」という言葉。「嘲る」はひらがなでは「あざける」と読みます。それでは早速「嘲る」の意味や使い方を見ていきましょう。

「嘲る」の意味は?

「嘲る」については国語辞典の中で次のような意味があると書かれています。

 

面と向かってけいべつする言動・態度を見せる

出典:新明解国語辞典 大六版(三省堂)「嘲る」

「嘲る」は辞書に書かれていた通り、誰かをバカにする気持ちを態度や様子として表に出すことです。基本的に自分よりも能力や立場が下の対象を馬鹿にする時、もしくは失敗した人を小バカにする時に使われます。

小説等の心情描写を書いた文章の中でよく使われる言葉であり、ビジネス等の堅い文章の中で用いられる言葉ではありません。また、日常生活においても「嘲る」という言葉を話言葉として使う機会はほとんどなく、「馬鹿にする」「鼻で笑う」というような似た意味を持つ言葉のほうがよく使われることでしょう。しかし、馬鹿にした気持ちを言動や態度として表に出す「嘲る」という行為は意外とやりがちな行為です。あまりいい印象を与える言動ではない「嘲る」という行為が相手や第三者に気づかれると人間関係に非常に悪い影響を及ぼす場合もありますので十分注意しましょう。

「嘲る」の語源は?

それでは、嘲るの語源の説明です。「口」+「朝」で「嘲」という漢字になります。鳥が朝に口を開けて鳴き声を上げる様子から、人々が声を上げてからかい笑う意味を持つ「嘲る」が成り立ったとも言われているようです。

次のページを読む
1 2 3
Share: