国語言葉の意味

「アバンギャルド」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

「アバンギャルド」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「アバンギャルド」の類義語には、以下のようなものがあります。

ID: ↑パーツ内本文:30文字

1.パイオニア:先駆者、開拓者
2.コンテンポラリー:現代的な
3.ニューウェーブ:新しい傾向

ID: ↑パーツ内本文:45文字

ここでは、「パイオニア」について見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:25文字

「パイオニア」

「パイオニア」とは、『開拓者』や『先駆者』という意味です。他の人より先に目的を達成する人、未知の領域に足を踏み入れる人という事。

この「パイオニア」という言葉は、「先駆的」という意味は持っていても「人」を指す言葉です。「アバンギャルド」は「人」だけでなく「作品」も意味に含んでいます。意味としてはほとんど同じですが、「アバンギャルド」の方が広い意味を持つと言えるでしょう。言葉を使う対象によって、使い分ける事が大切です。

ID: ↑パーツ内本文:211文字

「アバンギャルド」の対義語は?

「アバンギャルド」の対義語といっても、分野によって異なるため、一概に「これが対義語」というものがありません。

ここでは、ファッションにおける対義語「コンサバ」をご紹介します。

ID: ↑パーツ内本文:88文字

「コンサバ」

「コンサバ」というのは、「コンサバティブ」の略になります。これは、「保守的」や「伝統的な」という意味です。つまり、「アバンギャルド」は革新的で独特な雰囲気ですが、「コンサバ」はエレガントでありつつも控えめで伝統を重視したものと言えます。

ID: ↑パーツ内本文:118文字

「アバンギャルド」の英訳は?

image by iStockphoto

「アバンギャルド」はフランス語ですが、英語でも「avant-garde」と同じ表記になります。

ID: ↑パーツ内本文:47文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
要