国語言葉の意味

「アバンギャルド」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「アバンギャルド」について解説する。

端的に言えばアバンギャルドの意味は「前衛芸術」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「アバンギャルド」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「アバンギャルド」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「アバンギャルド」という言葉をご存知でしょうか。普段あまり使う機会はないけれど、一度は耳にしたことのある言葉の1つかもしれませんね。そこで今回は、「アバンギャルド」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「アバンギャルド」の意味は?

「アバンギャルド」はお店の名前や車名で使われているので、なんとなく意味のイメージを持っている方も多いはずです。ただ、正しく使うためにも、正しい意味を知っておく事はとても重要になります。

「アバンギャルド」は、次のような意味です。

《軍隊用語で、前衛・尖兵の意》
1.第一次大戦後、欧州に興った芸術革新運動。抽象芸術・シュールレアリスムなどに代表される。前衛派。
2.前衛芸術。

出典:weblio辞書「アバンギャルド」

「アバンギャルド」という言葉は、簡単に言えば『前衛的』という意味です。これは、芸術や文化だけでなく、政治やファッション、軍事的な意味で用いられます。ただし、日本では芸術的な意味合いでよく使われる言葉です。

「アバンギャルド」には「作品」や「人」といった意味も含まれており、「前衛的な作品・人」といった意味になります。

では、「前衛的」とは、どういった意味になるのでしょうか。

時代に先駆けていることを意味する語。フランス語の「avant-garde(アヴァンギャルド)」の直訳。常人には理解し難い、過激さや難解さ、奇抜さなどがあるものを表現する際に用いられることがある。「革命的」「実験的」「先駆的」などの語とほぼ同じ意味で用いられることもある。

出典:weblio辞書「前衛的」

ここからもわかるように、「前衛的」というのは『先駆け』や『新しい』というニュアンスを持ちます。そのため、状況や分野によって、少しずつニュアンスに違いが表れるのです。

では、分野ごとに「アバンギャルド」の意味合いについて見ていきましょう。

\次のページで「「アバンギャルド」の語源は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: