化学物質の状態・構成・変化理科

5分でわかる非電解質!電解質との違いとは?理系学生ライターがわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。今回は「非電解質」について解説していくぞ。

非電解質は、物理化学の基礎的な用語の一つだ。このような表現をすると、小難しいように聞こえますが、非電解質の概念は中学校の理科の教科書にも載っているほど有名だぞ。この記事では、非電解質の定義や特徴を説明するだけでなく、非電解質の具体例についても複数紹介するつもりだ。ぜひ、この機会に非電解質についての理解を深めてくれ。

化学に詳しいライター通りすがりのペンギン船長と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

pen_teppo

ライター/通りすがりのペンギン船長

現役理系大学生。環境工学、エネルギー工学を専攻している。これらの学問への興味は人一倍強い。資源材料学、環境化学工学、バイオマスエネルギーなども勉強中。

非電解質とは?

image by iStockphoto

非電解質は、物理化学を学習すると登場する用語の一つです。物理化学の用語と聞くと、難しい話題のように感じますが、非電解質については中学校の理科でも学習します。ですから、非電解質を学ぶにあたって、過剰に身構える必要はありませんよ。

この記事では、最初に非電解質の定義や特徴などについて説明します。その後、非電解質の具体的な例を挙げていきますよ。具体例を学ぶことで、非電解質に対する理解は深まるかと思います。それでは早速、非電解質についての解説を始めていきますね

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
pen_teppo