国語言葉の意味

「無垢」の意味や使い方は?例文や類語を現役学生ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「無垢」について解説する。

端的に言えば「無垢」の意味は「純粋」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役学生ライターのタビビトを呼んだ。一緒に「無垢」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タビビト

現役の文学部学生ライター。学生生活の中で数多くの芸術関係の執筆を行い、小学生の頃から多種多様な書籍を読破してきた生粋の文科系。読書量に比例する文章力で日本語を分かりやすく説明していく。

「無垢」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「適宜」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「無垢」の意味は?

「無垢」には、次のような意味があります。

1.仏語。煩悩の穢れを離れて、清浄であること。
2.けがれなく純真なこと。うぶなこと。また、そのさま。
3.金・銀などがまじりけのないこと。
4.和服で、表裏同色の無地の共布で仕立てた長着。白無垢は婚礼衣装に、色無垢は略礼装に用いられる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「無垢」

「無垢」というと、「純粋無垢」つまり世間の穢れた部分を何一つ知ることもなく素直で心の綺麗な様子が一番に思い浮かぶのではないでしょうか。

確かに「無垢」には、2番目の意味のようにけがれていないことやうぶなことを表現することもありますが、そのほかにも名詞としての使い方や物質が純真であることなどを指す場合など、幅広く意味を表現します。

この機会に「無垢」の表現する範囲の全貌を知ることで、知見の幅を広めてみましょう。

「無垢」の語源は?

次に「無垢」の語源を確認しておきましょう。

無垢の語源は、「垢」にあります。「垢」は仏語で、「汚れたもの」という意味を表現する言葉です。人の皮脂についた汚れを、「手垢」と言ったりしますよね。「垢」は基本的に体を洗わずにいたり外で汚れた空気に触れて出てくるもので、もともと人間の体に付随してくるものではないので、「汚い」という印象があります。

「無垢」は、この様に共通認識で「汚い」という印象のある「垢」が「無い」ということですから、外の汚れを知らず、生まれたときのままの自然な姿という意味であることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

次のページを読む
1 2 3
Share: