国語言葉の意味

読み方すらもパッとはわからない「折衝」の意味って?意味・使い方・語源を言葉大好きライターがわかりやすく解説!

この記事では「折衝」について解説する。

「折衝」については耳慣れない奴も多いでしょう。ビジネスシーンでの出番が多いと言えば多いが、それでも頻出する単語とは言い難い。そのため、ふいに出てくると「これは何?どう読むの?どういう意味?」とぎょっとされる言葉でもあるな。

元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んです。一緒に「折衝」の意味や語源、言い換えなどを見ていきます。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

「折衝」ってどういう意味?

image by iStockphoto

「折衝」の意味は検索すると下記の結果が出てきます。

折衝(せっしょう)とは、利害の一致しない相手と、問題の解決に向けて、話し合いなどの手段によって駆け引きすること。双方が納得できるように互いの要求をすり合わせ、落とし所を探り、折り合いを付ける、そうした営みと解釈される。

出典:Weblio辞書「折衝 意味」

ポイントは「誰に対して」「何を行い」「何をゴールとするのか」の3つとなります。

まず、「誰に対して」については「利害の一致しない相手」です。話し合いが難航するのが、この時点でほぼ決定しています。次の「何を行い」については「話し合いによる駆け引き」です。手段はあくまで話し合いであり、議論というよりは駆け引きとなります。そして肝心なゴールは「落としどころを見つける」ことです。つまり、話し合いが決裂したり決着がつかないままになった場合、それは「折衝」したということになりません。

「折衝」の読み方は難しい?

「折衝」は上記に記載のあるとおり、「せっしょう」と読みます。読み間違いが発生するというよりは、そもそも読めない、読み方に想像がつかないと思われることが多いです。しばしば難読単語とみなされることもあります。「折衝」の「折」の字は「骨折(こっせつ)」の「せつ」であり、「衝」の字は「衝撃(しょうげき)」の「しょう」であるため、漢字を分解するとやや当たりを付けやすいでしょう。

\次のページで「「折衝」の使い方」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: