国語言葉の意味

「進捗」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「進捗」について解説する。

端的に言えば進捗の意味は「進み具合」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んだ。一緒に「進捗」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「進捗」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説していく。

「進捗」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「進捗」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「進捗」の意味は?

「進捗」には、次のような意味があります。

1.進み具合・捗り具合
2.物事の進んでいる程度

出典:デジタル大辞泉(小学館)「進捗」

まず読み方ですが「シンチョク」と読みます。読み間違いに多いのが「シンショウ」。見慣れない漢字なのでこの機会に正確な読み方を覚えましょう。

意味は文字通り「物事の進み具合」を表す言葉です。よく使われるのは「進捗状況」「進捗報告」などがありますね。

「進捗」の語源は?

次に「進捗」の語源を確認しておきましょう。

「進」はそのまま「前へ出る」「自分が向かっている方向に動く」の意。「捗」は「はかどる・仕事が速やかに進む」という意味の漢字です。手偏(テヘン)に歩くという組み合わせから「手が次々進む」という意味も含まれますよ。この2つを合わせて「はかどり速やかに前進する」というのが語源になります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: