国語言葉の意味

車だけではない!「ハイブリッド」の意味と使い方は?ビジネスシーンでも使う?語源・類義語など元外商の筆者がわかりやすく解説!

今日は「ハイブリッド」について解説する。

「ハイブリッド」は聞いたことがある人も多いでしょう。ただ「ハイブリッドカー」のように車だけのイメージが強くないか?

今日は元外商出身のねことすなを呼んです。「ハイブリッド」とは何か一緒に聞いていこう。

ライター/ねことすな

ホテル・百貨店で多くのお客様と接してきたライター。 現在も言葉を最大のコミュニケーションツールとして日々活動しつづけている。 元外商の経験から「相手の気持ちを創造する」言い回しが得意。

「ハイブリッド」の意味・語源は?

image by iStockphoto

「ハイブリッド」聞いたことがある言葉ですね。 車に使われているというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。 では「ハイブリッド」にはどんな意味や語源があるのか一緒に見ていきましょう。

「ハイブリッド」の意味は「混合」「複合」

「ハイブリッド」には「混合」「複合」という意味があります。 辞書で詳しく確認していきましょう。

「混合」や「複合」という意味。 ハイブリッドCD‐ROMやハイブリッドIC、ハイブリッド携帯電話など複数の要素を共有する意味に使われる用語。


(出典 コトバンク Ascll.jp デジタル用語辞典「ハイブリッド」)

「混合」と「複合」は混ぜるという意味では同じですが「混合」は「混ぜ合わせる」「複合」は「2つ以上のものが集まってひとつになること」というような微妙な違いがあります。

もうひとつの例文も見てみましょう。

・異種の雌雄の間に生まれたもの。 雑種。 混血。 混成物。
・一般に異種のものの合成物。 複合。


(出典 日本国語大辞典 「ハイブリッド」)

普段の会話では「ハイブリッド」で十分に通用しますが、どんな意味?と聞かれるとなかなか即答はできないものです。例文を見るとわかるように「ハイブリッド」は物や事に対する明確な意味ははなく、「混合」「複合」という何となく漠然とした意味を表す言葉ということがわかりますね。

「ハイブリッド」の語源はラテン語から!

「ハイブリッド」の語源はラテン語の「hybrida(ヒュブリダ)」です。

「hybrida」はブタとイノシシから生まれた子孫を指す言葉で「雑種」という意味。 もともとは生命があるものを対象に使われていました。 でもそのうちに生命体だけではなく物や事・人物などが対象になり、様々な単語にくっついて新しい意味を表現できる言葉に変化してきました。

2つ以上のものが集まってひとつになり新しい意味を表現する言葉に変するとはまさに「ハイブリッド」を体現していますね。

「ハイブリッド」どんなふうに使う?

image by iStockphoto

「ハイブリッド」という言葉は対象となる言葉がとても幅広いということがわかりました。 では「ハイブリッド」の使われ方にはどのようなものがあるのでしょうか。 例文やビジネスシーンでの使い方を見ながら「ハイブリッド」について理解を深めていきましょう。

「ハイブリッド」を使った例文

「ハイブリッド」を使った例文には次のようなものがあります。

・ハイブリッドカーはエンジンとモーターを組み合わせることにより排出ガスを抑えているので、とても環境に優しい車だ。
・彼は英語と中国語が堪能だなんてまさにハイブリッドな人材だ。

「エンジン」と「モーター」、「英語」と「中国語」、それぞれ別のものですが混在することで新しいものになったりその価値が上がり「ハイブリッド」と表現されていることがわかりますね。

次に「ビジネスシーンでの使い方」「ハイブリッド戦争」についてまとめました。 どちらも時代の変化や流れによって新しい使われ方をしています。早速確認していきましょう。

「ハイブリッド」ビジネスシーンでの使い方は?

一般的に「ハイブリッド」は「ハイブリッドカー」で連想することが多いでしょう。 ただ時代の流れの変化により今までとは違う使われ方も。

例えば「ハイブリッド開催」という言葉もそのひとつです。

「ハイブリッド開催」とは会議や研修を「来場参加型」と「オンライン参加型」を組み合わせて開催することを言います。 コロナ禍で人が集まることが難しい状況の中新たに編み出された会議などへの参加形式ですが、感染のリスクを減らすことができると同時に会場への移動の時間や手間が省けることが利点です。

「ハイブリッド」は今後も時代の変化と共にその意味を変えていく言葉なのかもしれませんね。

「ハイブリッド戦争」って何のこと?

「ハイブリッド戦争」という言葉、ご存知でしょうか? 今までの「ハイブリッド」の内容からすると「混合戦争」「複合戦争」という感じでしょうか?

「ハイブリッド戦争」とは軍事戦略のひとつで軍事的戦闘・サイバー攻撃・情報操作などを組み合わせていつの間にか自国に優位な状況を作っていく戦法のことです。 サイバー攻撃で電気やガスなどのライフラインが破壊したり、フェイクニュースにより人々が混乱するような状況を作ったりすることがあげられます。

人と人が直接闘うことなく、となると一見平和的な感じもしますが知らないうちにじわじわと攻められているかもしれないという部分では大変恐ろしい戦法です。

「ハイブリッド」類義語・対義語は?意味の違いは?

「ハイブリッド」の類義語・対義語にはどのようなものがあるのでしょうか。 類義語・対義語を理解することで「ハイブリッド」の持つ意味がさらに明確になります。 一緒に確認していきましょう。

類義語:「ミックス」「ブレンド」

「ハイブリッド」の類義語には「ミックス」「ブレンド」などがあります。

「ミックス」「ブレンド」と聞くとすぐに思い浮かぶのは「混ぜる」という意味ですね。「ミックス」には「混ぜ合わせること」、「ブレンド」には「種類・品質の異なったものを数種混合すること」という意味が。 どれも「混ぜる」という意味合いは同じですが「ハイブリッド」は異種のものを掛け合わせる、「ミックス」は適当に混ぜる、「ブレンド」は計算して配合する、という微妙なニュアンスの違いがあります。違いを理解して正しい使い方ができるようにしたいですね。

\次のページで「対義語:「サラブレッド」「ピュア」」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: