国語言葉の意味

108の「煩悩」はただの欲望じゃない?本当の意味・種類・使い方を煩悩まみれのwebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木健二だ。この記事では、「煩悩」について解説する。

「煩悩」の意味はおぼろげにわかっている人が多いだろう。「108煩悩」って言葉も漫画『ワンピース』で出てくるしな。しかし「煩悩」が「欲望」とまったく同じ意味ではないことは知っていたか?両者の違いは、「煩悩」って言葉を使いこなすためにぜひ知っておきたいところだ。

今回はある時期酒に溺れて、煩悩になされるがまま生きていたライターであるぷーやんを呼んだ。「煩悩」の本当の意味や、108もある種類の内訳などについて説明してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ぷーやん

webライター歴6年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。学生時代には毎晩ひとり酒に浸り、「煩悩」にまみれて過ごしていた。

「煩悩」を使いこなすために意味をつかもう!

image by iStockphoto

「煩悩」がなんとなく欲望を示すことや、108個あることなどは知っている方も多いのではないでしょうか。そうしたおぼろげな「煩悩」の輪郭をはっきりさせるため、まずは言葉の意味からみていきましょう。

辞書に書かれている「煩悩」

「煩悩」を辞書で引くと、次のように書かれています。

《(梵)kleśaの訳。苦悩・心痛の意》仏語。身心を悩まし苦しめ、煩わせ、けがす精神作用。貪 (とん) ・瞋 (しん) ・痴 (ち) は根元的な煩悩として三毒という。染。結。垢 (く) 。「―にさいなまれる」「―を解脱する」
出典:デジタル大辞泉(小学館)  「煩悩」

難しい漢字がたくさん出てきましたが、要するに「煩悩」は「心や体に苦痛を与えるであろう精神作用」です。

「煩悩」は欲望とどう違う?

「煩悩」という言葉が「欲望」と同義で使われていることをしばしば見かけますが、実は両者はイコールでは結ばれません。『種類』と『強さ』の2つの点で違いがあります。

まず種類についてですが、欲望は数多くある「煩悩」のうちの一部です。すべてではありません。「煩悩」には「なにかが欲しい」というような欲望のほかに、「優越感」「疑念」「怒り」など様々なものがあります。

次に強さですが、「なにか食べたい」というような、生きるために必要な欲望までを「煩悩」とは言いません。その欲望に執着するようになったときにはじめて、「煩悩」と呼ばれるようになります。食べることで言えば、グルメに固執したりあまりに大量に食べたりすることですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: