国語言葉の意味

「オーセンティック」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「オーセンティック」について解説する。

端的に言えばオーセンティックの意味は「本格的」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

さまざまな分野の本に触れ、知識を培ってきた「つゆと」を呼んだ。一緒に「オーセンティック」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

tsuyuto

ライター/つゆと

子供の頃からの筋金入り読書好きライター。むずかしい言葉や複雑な描写に出会っても、ねばり強く読みこんで理解することをポリシーとする。言葉の意味も、妥協なくていねいに解説していく。

「オーセンティック」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「オーセンティック」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「オーセンティック」の意味は?

「オーセンティック」には、次のような意味があります。

1.本物(ほんもの)であるさま。正統的であるさま。
2.ファッションで、着こなしなどが本格的なさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「オーセンティック」

「オーセンティック」は「本物の」というよりは、「正統的な」「本格的な」という意味の言葉です。「ホンモノかニセモノか」というだけの「本物」ではなく、「ホンモノの中のホンモノ」という意味で使います。

「オーセンティックなバーを紹介」という記事を見ることもありますね。「オーセンティック」という言葉で「正統な北欧風の」「本場イギリス風の」といった格式の高さを伝えているのです。居酒屋ではなく正真正銘のバーですよ、というだけの単純な意味ではありません。

ただし、「正真正銘の本物」という意味で使われる場合もあります。サッカーチームのユニフォームには、「オーセン」と「レプリカ」という2つのタイプがあるのを知っていますか。「オーセン」とは「オーセンティック」のことで「本物」、つまり選手が試合中に着ているのと全く同じものです。「レプリカ」はファンの観戦用で、観戦には必要ない機能を省いて作ってあります。

「オーセンティック」の語源は?

次に「オーセンティック」の語源を確認しておきましょう。オーセンティックの語源は英語の「authentic」。代表的な意味は「真正な」「信頼できる」です。

「authentic」には「authority(権威)」にも含まれる「auth」がついています。つまり「authentic」とは、権威のお墨付きがあるほどの「本物」ということなのです。なぜオーセンティックという言葉に品格がただようのか、理由が分かった気がしますね。

ちなみに「authentic」の語源をさらにさかのぼると、ギリシャ語の「authentikos」になります。「主要な」「根源となる」という意味です。

日本語の「オーセンティック」は、雰囲気のある飲食店やファッションを紹介するときによく使われるため、なんとなく「おしゃれな」という雰囲気をまとっています。語源となる英語の「authentic」とは、少し違うところです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
tsuyuto