化学有機化合物無機物質理科

3分で簡単「アレーニウス」と「ブレンステッド」!酸・塩基の定義変遷の歴史を理系ライターがわかりやすく解説

今回のテーマは「アレーニウス」と「ブレンステッド」です。

小学生の時のリトマス試験紙の実験から身近な酸や塩基(アルカリ)ですが、高校生になるとより高度な酸と塩基の定義を学んでいくことになるよな。しかし高校化学の授業で学ぶアレーニウスの定義やブレンステッド・ローリーの定義をしっかりと理解した上で説明できる人はどれくらいいるでしょうか。

高校化学の中でも曖昧なままになりがちな酸・塩基の定義を国立大学の理系出身で、環境科学を専攻し電位-pH図を駆使してきたライターNaohiroと一緒に解説していきます。

ライター/Naohiro

国立大学の理系出身で塾講師として数学、理科を担当した経験をもつ。理論的基礎から身近な話まで、化学を身近に感じてもらえるようアレーニウスの定義とブレンステッド・ローリーの定義を解説していく。

1. 酸と塩基・定義変遷の歴史

image by iStockphoto

アレーニウスとブレンステッドによる定義の話に入る前に、まず酸と塩基について確認をしていきましょう。そもそも酸、塩基とはどういうものだったでしょうか?

酸を意味する英語acidはラテン語のacidusに由来しており、これは「すっぱい」という感覚を表している言葉です。一方alkaliはアラビア語で、アラビア人が植物を燃焼させた後に発生する植物の灰をアルカリと呼ぶことがもとになっており、その後ギリシア語で「基礎」を意味するbasisからbase=塩基と名付けられたのですね。

塩基とアルカリは同じような意味で用いられている場合も多くなってきていますが、実際には塩基の中でも「塩基が水に溶けたもの」のことをアルカリと呼ぶのです。思えば中学校までのアルカリは全て水溶性の塩基を示す意味で使われていたことが分かると思います。

そしてこの酸と塩基17世紀に入るまで酸の性質としてはすっぱさを感じること。一方で塩基は苦みを感じることということくらいしか認識されていませんでいた。

\次のページで「1-1. 17世紀の酸・塩基:ロバート・ボイル」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: