国語言葉の意味

「逝去」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きのライターがわかりやすく解説!

「逝去」の使い方・例文

「逝去」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

・ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。

・逝去されました〇〇さんのご冥福をお祈りいたします。

・恩師がご逝去されたという知らせを受け、言葉を失った。

例文の一つ目と二つ目は、訃報に接し弔電を打つ際によく使われる文。会社の上司や取引先からの訃報が届いたら弔電を打つ機会があるかもしれません。一般的な弔電の文例として覚えておきましょう。

ここで押さえておきたいのが、例文一つ目の「ご逝去」という言葉。本来なら「逝去」という言葉自体が尊敬語なので、尊敬語の前に「ご」をつけると、二重敬語になり、つけることを迷う人もいるかもしれませんね。ですがこの場合、故人またはご遺族に敬意を表す意味から「ご逝去」という言い方が一般的に使われています。

また室町時代に書かれた『太平記』でも「御逝去」と用いられている事から、日本人には馴染みの深い言葉として決して間違った表現ではない、とされていますよ。

「逝去」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

次に「逝去」の類義語について見ていきましょう。

「人の死」という意味では、いくつかすぐに思い浮かびますが、「死を伝える」ことはデリケートな問題なので詳しく解説していきます。

「他界」「死去」

「逝去」と同じ意味を持つ言葉として「他界」「死去」などが挙げられます。

人の死を告げる一般的な言い方が「死去」です。新聞の訃報記事でもよく使われていますね。人が死ぬという事実そのものを表す言葉で、敬意は含まれていません。なので身内の死を知らせる時、情報として伝える時などに使います。自分の会社関係で不幸があり、取引先に知らせる時などにも使うのでしっかり覚えておきましょう。「昨夜弊社会長が享年〇〇にて死去いたしましたので、ご報告申し上げます。」など。

同じく「他界」も「逝去」と違い敬意は含まれていませんが、「死去」という言葉が直接的なので、オブラートに包む湾曲表現として「他界」も使われていますよ。

\次のページで「「逝去」の対義語は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: