国語言葉の意味

「逝去」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きのライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「逝去」について解説する。

端的に言えば逝去の意味は「亡くなること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つライター、AYAを呼んだ。一緒に「逝去」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育も経験豊富なライターAYAが「逝去」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説していく。

「逝去」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「逝去」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。「逝去」は「セイキョ」と読みます。

「逝去」の意味は?

「逝去」には、次のような意味があります。

  1. 人の死を敬って言う語。
  2. 他人の死を、敬意を込めて表現する言葉。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「逝去」

「逝去」とは、人が亡くなった、という意味で使われる尊敬語です。人が亡くなった際「逝去された」や「お亡くなりになられた」という言い方をよく耳にしますね。これらの表現方法にはルールがあり、言い誤ると故人だけでなくご遺族に対しても失礼にあたってしまいます。

「逝去」という言葉を使うのは、自分の家族や身内以外という大切な決まりがあるので覚えておきましょう。あくまで他人の死に対する、敬意を込めた表現方法であり、身内に対しては「永眠」や「死去」などを使用するのが一般的です。

かしこまった言い方なので使う機会も少なく、読めない人が多いのもこの言葉。間違った読み方では「イキョ」と読んでしまう人もいるようです。細やかな気遣いが必要な冠婚葬祭の場では、ちょっとした間違いでも非常識・不謹慎と捉えられがちですよ。学生時代の恩師や会社の上司など、人生の先輩に向ける適切な言葉としてこの機会に正しく知っておきましょう。

「逝去」の語源は?

次に「逝去」の語源を確認しておきましょう。

「逝」は、普段あまり使う機会がない漢字ですね。この漢字には「行く・進む」という意味から「人が死ぬ」「遠く去って帰らない」などの意味があります。「去」は「立ち去る」などで使うように「ある場所から離れてゆく」「行ってしまう」の意味。

この2文字を合わせて、「人が死んで去ってしまう」という意味の尊敬語として成り立っています。

同じ漢字を使う言葉で「急逝」という言葉がありますが、「急逝」は尊敬語ではありません。なので基本的には身内に使う言葉ですが、「急」が入っているように、容体の急変や交通事故のような突然の死に使われる場合がほとんどです。また「急逝」には、突然の死を悲しみ故人を偲ぶ意味も含まれていますよ。「自宅療養していた父が急逝しました。」など報告の際に使うといいでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: