物理理科統計力学・相対性理論

タイムパラドックスって何?タイムトラベルした時に何が起こるの?理科教員を持つライターが解説

よぉ、桜木建二だ。タイムパラドックスという言葉を聞いたことがあるだろうか。これは過去にタイムトラベルして歴史を変えてしまった時に生じる矛盾のことだ。例えば、10年前から現在まで大事に使っている傘を持って5年前にタイムスリップし、5年前の傘を壊してしまったら持って行った傘はどうなるのか?という問題。5年前に傘が壊れていたら捨ててしまうから現在まで残っていないであろう。ということで、傘を壊した瞬間に持って行った傘がそこに存在すると矛盾が生じる。この記事では、その矛盾について唱えられている説をいくつか紹介しよう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

R175

ライター/R175

とある国立大の理系出身。学生時代は物理が得意で理科の教員免許持ち。教科書には出てこない日常の身近な現象に結びつけて分かりやすい解説を強みとする。

1.タイムパラドックスとは

image by iStockphoto

過去にタイムスリップして、歴史を変えてしまうことで起きる矛盾のことです。よく言われるのは、両親殺しのパラドックスや自分殺しのパラドックスなどががりますが、この記事では、物騒な表現を避けるために「傘壊しのパラドックス」で解説したいと思います。10年以上大事に使っている傘を持って5年前にタイムスリップし、「5年前の傘」を壊してしまったら持って行った「現在の傘」が壊れず存在していると矛盾が生じますね。

一部のSF作品では、そういった矛盾を解決するため、歴史を変えた瞬間矛盾を取り消すため「現在」が変化するといった描写が見られます。傘の例でいうなら、5年前の世界で傘を壊した瞬間、持って行った傘が消滅するといった現象です。そう言った現象以外にも、矛盾が起きないように唱えられている節に以下のようなものがあります。

2.時間順序保護説~過去へのタイムスリップは不可能?

イギリスの理論物理学者、スティーヴン・ホーキング氏が唱えた「時間的順序保護仮説」によれば、過去へのタイムトラベルは不可能とされています。その理由は時空を抜け出してタイムスリップしようと1つの手段として、「時間的閉曲線」という考え方が必要になりますが、これが存在するためには物質のエネルギーが無限大になるというもの。

時間も、縦・横・高さといった位置空間と同じ「座標」として考えたとき、時間座標を動かせるような状態にするには物質が無限のエネルギーが持っていなければならないというイメージですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
R175