体の仕組み・器官理科生物

5分でわかる「脳のはたらき」!中枢神経系とは?医学系研究アシスタントがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。「頭」の入る表現は日常生活でよく使われているな。「頭が切れる」、「頭に血が上る」、「頭を捻る」など、他にもたくさんあると思う。この「頭」は「脳」のことを指す。このように「頭」が入る慣用句が多いことからも、いかに私たちにとって生命維持や人として生きていくために頭、とりわけ脳が必要かわかるだろう。そこで今回は、脳のはたらきについて生物に詳しいライターmimosa(ミモザ)と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

mimosa0708

ライター/mimosa

もともと文系出身で、独学で生物学、生化学を勉強し、現在医学系研究所の研究アシスタントとして理系の世界へ飛び込んだ。理科が苦手な方へも興味を持ってもらうべくわかりやすい説明を心掛けている。

脳の構造とはたらき

脳は生命活動や精神活動をするうえでなくてはならないものです。呼吸や心臓を動かして血管を通して体中に血液を巡らせる、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚という感覚を受け取り、情報を処理し、指令を出し手足の筋肉を動かしたり、快不快や喜怒哀楽の感情の処理も担っています。ここには挙げきれないくらいたくさんの機能が脳にはありますよ。そのことについて少し詳しく見ていきましょうね。

中枢神経系

image by iStockphoto

脊椎動物の中枢神経系は、脳と脊髄から成り立っています。今回は、その中で脳について説明してきますね。脳は、大脳、間脳、中脳、小脳、延髄の5つの部分に分かれていますよ。その中でも大脳はおよそ1300gあって、脳の大部分の質量や容積を占めますが、それ以外にも人たらしめる重要な働きを大脳は司っていますよ。

脳の全体像

脳の全体像

image by Study-Z編集部

まずは、脳の全体像について説明していきますね。上記の図は脳の断面図です。何がどこにあるのか図で確認しながら読んで行ってくださいね。間脳は大脳と中脳の中間部分で、視床と視床下部に分かれます。視床は、第3脳室の両側にあり、嗅覚以外の感覚を中継していて、視床下部は、自律神経系の中枢ですよ。内臓のはたらき、摂食、生殖、睡眠など本能的な活動の調節に直接関係していますよ。ちなみに、血糖濃度や体温調節も視床下部に関係していますが、こちらは内分泌系ですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
mimosa0708