この記事では「力の限り」について解説する。

端的に言えば力の限りの意味は「体力や能力を全て出し尽くす」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日々、言葉について勉強を積み重ねているwebライターのミロさんを呼んです。一緒に「力の限り」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ミロさん

日々、言葉について勉強を積み重ねているwebライター。1つ1つの言葉に興味を持ち、理解を深めている。

「力の限り」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「力の限り」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。「力の限り」はどのような意味・語源・使い方ができるのか、気になりますね。この言葉を正しく使えるようにしっかりと覚えておきましょう。

「力の限り」の意味は?

「力の限り」には、次のような意味があります。この言葉を見るとどのような意味があるのか、連想しやすいかもしれませんね。

1.体力や能力などを全て出し尽くす

出典:デジタル大辞泉(小学館)「力の限り

「力の限り」は体力や能力などを全て出し尽くすということです。自らが持っている体力や能力を余すことなく、出し切ることを言います。力を抜くことなく、物事に全力で取り組む姿勢が伝わってくるでしょう。

「力の限り」の語源は?

次に「力の限り」の語源を確認しておきましょう。この言葉の語源は特に無く、言葉通りになっています。

\次のページで「「力の限り」の使い方・例文」を解説!/

「力の限り」の使い方・例文

「力の限り」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。日常生活で使うことがある言葉ですが、どのような場面で適しているのでしょうか。言葉の使い方は難しくないので、確認しておきましょう。

1.力の限り、相手に立ち向かう

2.追い込まれた状態を力の限り、打開しようとする

3.プロジェクトを成功するために、力の限り取り組む

例えば、個人・団体を問わずスポーツを行っている人は対戦相手に勝つために、自らからの体力・能力を出しますね。その時にこの言葉を使うことが多くなるでしょう。さらに社会人では会社で大事なプロジェクトを担当した時に成功させようと奮闘しますね。

大事なプロジェクトを成功させるために全力で取り組む際に使うようになります。「力の限り」は絶対に失敗したくない強い気持ちがある場合に使うことが多いですね。その他の言葉を調べたい時は、インターネットの「コトバンク」と言う朝日新聞社が中心となってまとめた百科事典を活用する方法があります。

「力の限り」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ここでは「力の限り」と同じ意味で使う言葉について、見ていきましょう。どのような表現があるのか知りたくなりますね。「力の限り」の類義語はどのような違いがあるのか把握しておきましょう。

「力を尽くして」

「力の限り」と同じように自らが持っている力を出し切ることを意味します。力を残すことなく全てを使い切ってでもやり遂げたいことに使うようになるでしょう。

\次のページで「「全身全霊を傾けて」」を解説!/

「全身全霊を傾けて」

「全身全霊」は自らの体や魂ということをさして、「傾けて」が1つの物事に力を注ぐと言う意味があります。自らの命や立場を失ったとしても成し遂げたい大事な場面で使われるのです。目標を成し遂げるためには命を懸ける緊迫した雰囲気が伝わっていきますね。

「全力を注いで」

「全力を注いで」は自らの全ての力を出して、目的を成し遂げるために力を出し切ります。目的を達成するために力を入れている時に使う言葉ですね。

「力の限り」の対義語は?

続いて、「力の限り」と反対の意味を言葉を紹介していきます。もしかすると、「力の限り」の対義語は連想しやすいかもしれません。正しい言葉を覚えているのかしっかりと把握して、整理しておきましょう。

「容赦」

「容赦」は控えめや手加減をすることをさしています。「力の限り」は全力を出し切るの意味があるため、「容赦」が反対の言葉です。自らが持っている能力・体力を出し切らずに余力を残している「容赦」は、ある物事に集中している人にとってはあまり好まない言葉かもしれませんね。

「手加減」

「手加減」は物事に対して自らの都合によって調節することをさします。物事に厳しくなくその場に状況に応じて調整するため、全力を出し切る「力の限り」の反対の言葉と言えるでしょう。「容赦」の言葉と似ていますが、「手加減」は状況に応じて力を調整するところが異なるのです。

「力の限り」の英訳は?

image by iStockphoto

次に「力の限り」を英文で表現した場合は、どのような英単語になっているのでしょうか。英文が苦手な人もキーワードを抑えておくと役に立ちます。難し過ぎる英単語ではありませんので、この機会に音声を聴いて発音もしっかりと覚えておきましょう。

\次のページで「「with all one's might」」を解説!/

「with all one's might」

with all one's mightは「力をいっぱいに」・「全力を尽くす」という意味があります。英単語の文字の誤字・脱字がないように正確に覚えておきましょう。英語力に自信が無い人はコンパクトな辞書や電子辞書を持って、いつでも検索・閲覧できると便利です。

また、和英・英和辞典を持っているとその他の英文で分からない用語を日本語や発音記号を調べることが可能になっています。便利な機能を活用して、関連した用語も覚えると勉強効率が上がりますね。

「as far as in me lies」

as far as in me liesは「自分の力の限り」という意味になります。この英文も正確に覚えて、いつでも使えるようにしておきましょう。上記の「with all one's might」とともに英文を頭の中に入れておくと、必要な時にすぐ答えられます。

英語が苦手で覚えることが難しい人は、「スタディサプリ」の会員になってみると理解度が上がるはずです。分からない言葉を検索して、少しずつ用語を覚えると語彙力が身に付きます。また、過去の検索した履歴一覧をを表示して、定期的に復習やテストをしておくと忘れずにいられるでしょう。

他にもご利用できるサービスを最大限活用すると、英語力が身に付いていくはずです。1人で分からないことはスタディサプリのお問合せ先に連絡してみる方法を取ってみましょう。

「力の限り」を使いこなそう

この記事では「力の限り」の意味・使い方・類語などを説明しました。「力の限り」は体力や能力などを全て出し尽くす時に使われますね。学生や社会人の立場でも使うことがある言葉なので、しっかりと覚えておきましょうね。また、自らの行動で「ここぞ!」という時に使うと気合が入ります。

" /> 【慣用句】「力の限り」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – ページ 2 – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「力の限り」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「力の限り」の使い方・例文

「力の限り」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。日常生活で使うことがある言葉ですが、どのような場面で適しているのでしょうか。言葉の使い方は難しくないので、確認しておきましょう。

1.力の限り、相手に立ち向かう

2.追い込まれた状態を力の限り、打開しようとする

3.プロジェクトを成功するために、力の限り取り組む

例えば、個人・団体を問わずスポーツを行っている人は対戦相手に勝つために、自らからの体力・能力を出しますね。その時にこの言葉を使うことが多くなるでしょう。さらに社会人では会社で大事なプロジェクトを担当した時に成功させようと奮闘しますね。

大事なプロジェクトを成功させるために全力で取り組む際に使うようになります。「力の限り」は絶対に失敗したくない強い気持ちがある場合に使うことが多いですね。その他の言葉を調べたい時は、インターネットの「コトバンク」と言う朝日新聞社が中心となってまとめた百科事典を活用する方法があります。

「力の限り」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ここでは「力の限り」と同じ意味で使う言葉について、見ていきましょう。どのような表現があるのか知りたくなりますね。「力の限り」の類義語はどのような違いがあるのか把握しておきましょう。

「力を尽くして」

「力の限り」と同じように自らが持っている力を出し切ることを意味します。力を残すことなく全てを使い切ってでもやり遂げたいことに使うようになるでしょう。

\次のページで「「全身全霊を傾けて」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: